• ログイン
  • 新規登録
  • よくある質問
  • 初めての方へ
  • 進学のまとめ
  • ベスト進学ネットTOP
  • 専門学校TOP
  • 大学・短大TOP
  • その他のスクール・各種学校など
  • オープンキャンパスを探す
  • 目標とする資格から学校を探す
  • 学びたい学問から学校を探す
  • 目指す仕事から学校を探す
  • 地域を指定して学校を探す
  • 学校の最新ニュース
  • 入学願書・入学試験・AO入試・推薦入試を探す
  • ベスト進学ネットおすすめのコンテンツ
大学 私立  東京都武蔵野市

成蹊大学

学校法人 成蹊学園
学校案内、資料請求はコチラ学部・学科・コースについて学費・奨学金について特徴や雰囲気・わが校のココが一番

学部・学科・コースの一覧

  • 経済学部
  • 経済経営学科
  • 法学部
  • 法律学科
  • 政治学科
  • 文学部
  • 英米文学科
  • 日本文学科
  • 国際文化学科
  • 現代社会学科
  • 理工学部
  • 物質生命理工学科
  • 情報科学科
  • システムデザイン学科
 

学部・学科・コースの備考

■経済学部
【現代社会の課題解決に挑む、自立した職業人を養成】

・実践に即した1学科制で目標に応じたスペシャリストコースを設定
これまで経済学部といえば経済学、経営学という2つの学問体系を別々に学ぶのが一般的でした。しかし、例えば市場分析を行う現場では、経済学と経営学の境界はありません。そこで成蹊大学経済学部では、両方の学問をひとつの学科で学べるよう、1学科制の経済経営学科を設置。「何を学びたいのか」「どのような職業人になりたいのか」といった学生個人の目標に応じたスペシャリストコースにより、学ぶ側の視点に立ったカリキュラムを徹底的に考えました。

・考える力を育てるとともに品格を備えた職業人を育成
経済学部では、本学の建学の理念「個性尊重の人格教育」をベースとした「自立した職業人」育成を目標として、人間性と品格の涵養を重視しながら、自らの力で問題点を見つけ、的確な解決手段を探り、自分自身の言葉で表現し行動することのできる人材教育を行っています。「個性尊重の人格教育」に基づいた“人格陶冶” と“自己形成”、総合的な“ 職業能力の向上” という3本柱を軸に、選抜制の「情報分析プログラム」や「アカデミック・アドバイザリー・ボード(AAB)制度」を設けるなど、個人と向き合った教育を実践しています。

◆経済経営学科

成蹊大学経済学部は、「経済学」と「経営学」の両方が学べる点が大きな特徴です。この2つの分野は、例えば安定した企業経営を図る上では、今後の景気動向を読む経済学的知識が求められるように、実社会で密接に関係し合っています。両分野を合わせて学ぶことで実際の企業活動、経済活動に貢献する力を得ることができます。
経済学部では「自立した職業人」をキーワードに、経済学と経営学、両方の視点を備え、自ら課題を見つけ出し、解決していく人材の育成を目指しています。また新たに2014年度から「スペシャリストコース」が新設されました。これは、学生が希望するコースの科目を履修して、その分野の専門知識を深めることで、スペシャリストとして認定される制度です。さらに選抜制の「情報分析プログラム」も設けています。
成蹊大学経済学部では、広く学びつつ自分に合った専門分野を見出し、深めていきながら、実社会に活かすことのできる学びの環境を提供していきます。

・スペシャリストコース
成蹊大学経済学部が提供する7つのスペシャリストコースは、卒業後に各分野のスペシャリストとして活躍する人のために設けられている制度です。「経済政策」「経営心理」「キャリア開発」「企業戦略」「金融ファイナンス」「企業会計」「地域デザイン」の各コースで指定する科目を所定の成績で修めると、成蹊大学経済学部長より、その専門分野の「スペシャリスト認定証」が授与されます。


■法学部
【問題解決能力と広い視野、深い見識のある人間の育成】

・法と政治を関連づけながら1年次から奥行きの深い学びを経験
それぞれに異なる価値観をもつ個人や人間の集団が、平和に共存するために法が存在し、その法の背景には政治があります。法と政治は国家、自治体、国際関係などの人間集団の秩序を維持する役割を果たすだけでなく、個人とその生活に深く関与しています。法学部では、法と政治を関連づけながら学べるよう、法律学科、政治学科双方において受講できる科目を数多く設置。1年次からゼミ(演習)や専門科目を履修し、基礎から無理なく専門性を高めていきます。

・個人の権利を尊重するコミュニケーション能力を育成
法律学や政治学を学ぶことの最終的な目標は、社会で複雑な問題に直面したとき、関係する人々の立場を尊重しながら、論理的かつ合理的な解決策を提示できる力を身につけることです。そのためには、必要な言葉の力や論理の力を磨き、複雑な条件の下でリーダーシップを発揮できる総合的な知性を身につけることが大切です。法学部では、弁護士や司法書士などの法律実務家を志す人たちの要望に応えることはもちろん、一般企業、公務員、教員、各種団体、経営者、専門家など、社会のあらゆる分野で活躍できる人材を養成しています。

◆法律学科
【深い専門知識と広い視野を身につけ、法的思考で社会に貢献する】

法律学とは、社会で人間が共存していくためのルールを研究する学問です。さまざまな人間が共存するためには、現実に起きている問題を解決し、将来起きそうな紛争にも対処していかなければなりません。したがって、人間や社会に対しての関心、多様な価値観に耳を傾ける意思、そして柔軟で合理的な問題解決能力が、法律に携わる人に求められる資質ということになります。成蹊大学では、そのような資質をさらに伸ばせるような高い水準のカリキュラムと講義を提供しています。
法律には、よりよい社会の実現に向けて苦闘してきた先人の叡智が詰まっています。その法律を素材としながら、対立を調和へと導く力を育てるとともに、新しいルールを構築できる人材の育成を目指します。

◆政治学科
【国際的な視野と発想力を養い、問題解決の糸口をつかむ】

政治とは、ともに社会をつくる人たちが抱える問題に対処するために、集団として意思決定し、その決定を実行することです。政治学科では、この営みを立体的に理解するために、政治に関する考え方(政治思想)・各国の政治・国際関係の歴史的展開と現状を多角的に学んでいきます。ゼミ(演習)では、コミュニティや地方自治体などの身近なところから地球規模にまで広がる多様な問題の中から、各自の関心にそって掘り下げた研究をしていきます。


■文学部
【人間の探究と理解を通して、国際教養人を育成】

・さまざまな角度から人間を探り、人間の本質を読み解く
文学部の英訳はFaculty of Humanities。「人間とは何か」を探究する学部であることを意味しています。例えば英米文学科や日本文学科では、文学や言語を手がかりに、そこで表現された人間の本質を読み解きます。国際文化学科では、言語の壁を越えた世界の文化を深く理解することで、また現代社会学科では、現在起きている社会現象を検証することで人間について学んでいきます。すなわち文学部にある英米文学科、日本文学科、国際文化学科、現代社会学科の各学科は、視点は異なるものの、どの分野においても人間探求を目指しています。

・学科を越えた「学び」で広い視野、柔軟な知性を育成
文学部の大きな特徴は、学科の垣根を越えて、他学科の専門科目を自由に履修できることです。専門分野だけにとらわれることなく、広範な視野と多角的な視点を得ることが可能になります。また国際化と情報化に対応した能力の養成に力を入れている点も大きな特色です。多様な価値観が共存し、対立し合っている現代社会を生きる上で必要となる、柔軟な知性と批判精神、すなわち総合的な「資質と力量」を身につけた国際教養人の育成を目指しています。

◆英米文学科
【英語を窓にして、人間への興味を高め、国際感覚を養成】

国際社会で通用する高い英語力を身につけることを目標にしています。世界では多様な言語が使われていますが、現実的には英語が共通言語であるといえるでしょう。
情報を収集し発信する上で、英語力があることは大変有利です。ただし語学力自体は、パスポートのように必要ですが道具でしかありません。英米文学科が目指す「英語力」とは、批判的思考を促し、質の高いコミュニケーションを可能にする「人間力」にほかなりません。英語を「窓」にして、文学や文化を学び、他者理解を深め、他国の人々と対等の関係を結べる、真の国際感覚を備えた人材を育成します。

◆日本文学科
【日本や日本人への多角的理解から、自己確立を目指す】

日本文学科の特色は、2年次のゼミ(演習)によく表れています。ゼミは全学年で必修ですが、特に2年次は3つのゼミにおいて、古典文学、近・現代文学、日本語学という3分野すべてを学ぶのです。なぜこのようなカリキュラムを組んでいるのでしょうか。それは、基礎的な学力を幅広く身につけてこそ、専門を深く追究できる、と考えるから。そして、少人数のゼミで「言葉」に取り組んでこそ、コミュニケーション能力が鍛えられ、「言葉」に対する高い感性が養われる、と考えるからです。これらの能力や感性があれば、他者とかかわることを楽しみ、「言葉」によって築きあげる思想を深めていくことができます。

◆国際文化学科
【人間の多様性を知り、国際社会で活躍する人材を育成】

世界の各地域や民族の文化について「国際関係」、「文化人類学」、「歴史・文化研究」の3つの領域をバランスよく学べるようにカリキュラム編成がされています。世界の多様性を理解することで視野の広い豊かな国際感覚が身につき、国際化社会において異文化間のコミュニケーションに対応しうる幅広い知識が備わります。また、卒業論文に力を入れており、3領域の学びの中から関心のあるテーマを決めて取り組み、自分なりの考えを言語化する力を身につけていきます。卒業論文に向けての研究は「暫定的な結論を出すこと」が大切。そのためにはしっかりとした情報収集が不可欠です。自ら判断するために、自ら調べる。これからの国際社会を生きていく上で重要な姿勢を身につけます。

◆現代社会学科
【社会学とメディア研究の視点から、問題解決能力を養成】

家族、地域社会、環境、福祉などの身近な問題を社会学を活用して分析・検証します。メディアやコミュニケーション、広告なども重要な研究対象です。社会の全体像を把握し、問題の核心を見極め、解決の可能性を立案化する力を養うことを目指しています。東日本大震災を機に、当たり前だと思っていた「エネルギーを消費する生活」が当たり前ではないことに気づき、初めて自身の生活を問い直した人は多いのではないでしょうか。社会には普段見過ごされている問題が多くあります。2014年度カリキュラムよりスタートした、コミュニティ演習や社会調査演習といった、地域社会にじかに触れ、その中で学ぶ実践科目も充実しています。


■理工学部
【科学技術の力で社会を支える人材を育成】

・いま必要とされる科学技術とは?
21世紀に入り、私たちが直面する諸問題は、かつてないほどに複雑かつ多様化しています。人類が歴史上未体験のテーマも多く、科学技術を取り巻く環境も大きく変容しました。理工学部では、大学に対する社会的要請という視点を大胆に導入したミッション・オリエンテッド(社会的使命に基づく)という新しい方針によって物質生命理工学科・情報科学科・システムデザイン学科の3学科を構成しています。社会のニーズと学生の要望を両立させる教育を実践し、科学技術をもって新たな知識社会の進展に貢献できる人材を育成します。

・実践力を育てる「意欲醸成型」のカリキュラム
理工学部のカリキュラムは、科学技術の基礎となる理学系科目を強化し、どのような状況に対しても応用が利く確かな基礎学力が着実に身につくよう配慮されているほか、実験・実習など、実際に手を動かして体験から学ぶ科目が充実しています。
また、インターンシップを含むキャリア教育科目や、人文科学、社会科学、自然科学を自由に選択できる成蹊教養カリキュラムも加わり、興味や進路に応じた科目選択が可能です。学生のやる気を最大限に引き出し、知識社会の進展に貢献できる実践力を養います。

◆物質生命理工学科
【広い視野と基礎力をベースに革新的科学技術の創造に挑む】

物質生命理工学科では「物質・ナノサイエンス」「化学・ライフサイエンス」「環境・エネルギー」という先端的な3分野を設定し、化学、物理、生物の基礎からこれらが融合した境界領域までを系統的に教育することによって、発展を続ける科学技術分野において常に活躍できる人材の養成を目指しています。革新的な技術は、自然現象の深い理解に柔軟な思考と発想力が加わって初めて生まれます。実験科目を中心に構成され各分野の発展の可能性を展望できるカリキュラムによって、さまざまな現象の理解と応用の手法を修得するとともに、新たな発想につながる好奇心が刺激されるでしょう。科学技術の進歩は、素朴な疑問や驚きからスタートします。

◆情報科学科
【IT 技術の本質を理解し活用できる人材の養成】

「システムソフトウェア・ネットワーク」「メディア技術」「情報数理」といった情報科学の幅広い分野を学びます。1、2年次は数学と情報数理の基礎に加えて、情報技術の基本スキルを修得します。3、4年次ではこれらを土台として専門性の高い知識や技法を修得。また、本学科では「個性」「品性」「実践」を大切にしています。自らの個性を活かしながらも“人”のためを思い、そして具体的に技術を活用できる能力の育成に取り組んでいます。変化の激しい現代において、不変的なものを見極めるとともに、自らの独自性を発揮しながら社会に貢献できる人材を養成します。

◆システムデザイン学科
【正解がひとつでない実社会の問題を解決する能力を養成】

近年のいろいろな機器や製品の開発においては、機械工学あるいは電気工学の1つの領域だけでは作ることのできない状況になりつつあります。システムデザイン学科では「機械」「電気電子」「経営工学」「ロボティクス」の全分野をカバーすることで、ものづくりの根幹となる知識と技術を総合的に学ぶことができ、開発対象となる機器や製品などをシステムとしてとらえて総合的な視野から判断してデザイン(設計)できるように学んでいきます。

 

注目のカリキュラム

@プレ・ターム(始動学期)導入による基礎力育成
A留学経験を促進するサマースクール
B国際化に対応する成蹊国際コース
Cゼミ(演習)による少人数教育の徹底
Dキャリア教育「丸の内ビジネス研修(MBT)」の導入

 

問い合わせ先

電話番号:0422-37-3533
FAX番号:0422-37-3864

入試センター

 
成蹊大学のパンフをもらおう!
もっと学部や学科の事がよくわかる
掲載されている情報は掲載した時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので詳しくは各学校へご確認ください。
また掲載されている動画に関するお問い合わせは各学校にお問い合わせください。

関連項目


成蹊大学
成蹊大学 学費・奨学金について
成蹊大学 偏差値 入試難易度
成蹊大学 みんなの感想(評判・口コミ)
学部・学科・コースについてわが校のココ1番を紹介
更新日:2016/11/17

偏差値・入試難易度
みんなの感想(評判・口コミ)
※お気に入りに登録するには
  ログインする必要があります。
学校情報をスマホで見てみよう!
スマホにURLを送る

資料請求できるパンフレット

成蹊大学

大学案内(2017年度版)


[お届け時期:随時]
・資料・送料ともに無料です。

周辺地図、乗換案内・ルート案内


成蹊大学の周辺地図と、学校までの乗換案内・ルート案内です。

わが校のココが一番!

グッドデザイン賞を受賞の情報図書館
学園創立100周年記念事業の一環として建設した地上5階、地下2階建ての大学図書館。「静」から「動」へ移ろう空間演出を特徴とし、1階には飲食可能なリフレッシュエリアがあり、中央には開放的な...
成蹊大学 のパンフをもらおう!

他にもこんな学校があるよ!

法政大学
法政大学の学風「自由と進歩」
國學院大學
「日本を学び、世界にはばたく」人材を育てる
明治学院大学
世界が広がる、6学部15学科。グローバルで多彩な学びへ。
武蔵野大学
9学部16学科の総合大学で、次代を切り拓くグローバル人材へ
武蔵大学
ゼミの武蔵 ‐ゼミで磨く 世界を生き抜く力‐
会社概要
[運営]日東システム開発
東京都 公認会計士 大学
東京都 国家公務員 大学
東京都 中学校教諭 大学
東京都 高等学校教諭 大学
ベスト進学ネット