メイクアップアーティストになる方法と必要な資格

おしゃれや美しさを追求する「メイク」の楽しさを仕事で生かしたいと思っているなら、目指す職業の1つに、メイクアップアーティストがあります。
ここでは、そんなメイクアップアーティストという仕事について、必要な資格などを交えながらご紹介していきましょう。

メイクアップアーティストとは


メイクアップアーティストは、人にメイクをするお仕事です。雑誌モデルやテレビのタレント、結婚式を控えた花嫁、あるいはコスメショップに訪れたお客さんなどにメイクをします。美しく、きれいになるお手伝いをするのが、メイクアップアーティストの役目と言えるでしょう。

ここで注意したいのが、メイクアップアーティストになったからと言って、メイクだけを仕事にできるとは限らないということです。ヘアメイクとメイクアップを同時に担当することが多いでしょう。両方の知識や技術を求められることになるので、希望する業界が何を必要としているか、あらかじめリサーチしてみてください。

メイクアップアーティストの就職先には、芸能プロダクションやサロン、化粧品メーカーなどが考えられます。芸能関係であれば、タレントやモデルにメイクをすることになるでしょう。サロンなどでは安定した勤務でライフワークを充実させられますし、化粧品メーカーなら様々な業務を行えます。そしてブライダル関係なら、花嫁のお世話をすることになるはずです。ウェディングドレスを着つけたり、ヘアメイクやメイクをしたりと、総合的な仕事を担当するでしょう。

限られた時間で求められたメイクを施すためには、素早くメイクをする技術が必要となります。相手を魅力的にするセンス、素早くメイクする技術など、高い専門性がある仕事ですが、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

まずは美容専門学校やメイクの専門学校へ入学


メイクアップアーティストの経験がなくても、プロダクションやサロンへ就職することは不可能ではありません。しかしそのためには、プロに負けない高いメイク技術と知識が必要です。そのため、まずは美容専門学校やメイクの専門学校へ入学するのがいいでしょう。

近年では、メイクアップアーティスト専門のコースを持つ専門学校が増えて来ました。集中して技術や知識を学ぶことができます。メイク技術や美肌に見せる方法・論理、ネイルやパソコン操作も授業に含まれています。

その中で、特に最近注目されているのがハイビジョンに対応したメイクです。映像や写真の画質はどんどん進化しており、今では肌の毛穴すら目立ってしまうようになっています。ハイビジョンの映像で見ても美しい肌を保つためのメイク技術が、今の時代に求められるのです。また、パソコン操作も重要になるでしょう。事務作業などはパソコンを利用することが多いため、仕事を円滑に進められるように最低限のスキルは身に付けておきましょう。


専門学校の選び方


同じ美容学校でも、美肌メイクに力を入れている、あるいはメイク方法を幅広く教えているなどの違いがあります。自分の将来を考えながら、どの学校が合っているのか考えてみましょう。将来どんな職業に就きたいか思い描き、その職場で役に立つスキルが何かを考えたうえで専門学校を選んでください。

また、メイクの実習がどれだけあるかもポイントです。授業ではメイクの歴史や科学的な考え方、色彩学や印象学を行っている学校もあるでしょう。もちろん一定の知識が身に付くことは良いのですが、それ以上に、メイクアップの技術はとても重要です。なるべく多く実習で学べる学校の方が、就職にも有利になってくるでしょう。

必要な資格は?


メイクアップアーティストになるのに、特別な資格は必要ありません。そのため、資格を持たずにプロのメイクアップアーティストとして活躍している人はたくさんいます。
ですが、メイクアップアーティストが持っていると役立つ資格がいくつかあるため、そちらを持っていれば技術を評価してもらいやすくなるでしょう。代表的なものとしては、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験が挙げられます。資格取得には筆記と実技試験があります。簡単に合格できる資格ではありませんが、就職活動時にも、評価される可能性が高まりますので、ぜひ挑戦してみてください。

いかかでしたか?ベスト進学ネットにはメイクアップアーティストになるための専門学校がたくさん掲載されています。気になる学校のパンフレットを請求したり、オープンキャンパスに参加して、あなたにぴったりな学校を見つけてください。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学納金管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット