ウエディングプランナーを目指すには?ブライダルの専門学校について

結婚式のプロデュースを行うウエディングプランナーは、人の幸せをサポートする大変やりがいのある仕事です。ここではその仕事内容と、ウエディングプランナーになるための専門学校についてご紹介します。

ウエディングプランナーとは


ウエディングプランナーはブライダルコーディネーターとも呼ばれ、結婚式を総合的にプロデュースする仕事です。勤務場所はホテル・レストラン・結婚式場など。仕事内容は会場によってさまざまですが、一般的な流れは以下の通りとなります。

<営業>
会場へ下見にきたカップルを案内し、結婚式に関する希望をヒアリングします。カップルの要望に沿ったプランを提案し、式の日取りなどを決めます。

<相談・提案>
カップルの希望を聞き取り、予算や招待客の数、会場レイアウト、進行、料理、BGM、あるいは招待状や名札のデザインなど、要望に沿った結婚式が実現できるよう手配します。料理についてシェフと打ち合わせたり、進行できる司会者を手配したりする仕事もあるでしょう。そのため、他部署との連携が重要です。

<当日>
スムーズに式が進行できるよう気を配ります。スケジュール通りに進んでいるか、招待客は楽しんでいるか、新郎新婦は疲れていないかなど、細かいところにも配慮が必要です。

<結婚式後>
アルバムやDVDなどの制作を依頼された場合は、その商品をお渡しします。後日、式場へ挨拶に訪れるカップルもいるので、その際の応対も大切な仕事です。式場によっては、結婚式の1年後を「記念日」としてカップルを招待するイベントを開催するケースもあるでしょう。

ウエディング系専門学校で学ぶこと


専門学校にある「ブライダル科」などのコースでは、ウエディングプランナーになるために必要な科目が開設されています。カリキュラムは学内での授業と学外での実習に分かれ、知識と技能をバランスよく学べるように配慮されています。カリキュラムの内容について、以下の例を参考にしてみてください。

授業内容


<ビジネス実務>
顧客の希望通りの式になるよう関係各所と連携をとるには、基本的なビジネスマナーや事務処理能力が必要です。学校では、パソコンの使い方やビジネス文書の書き方、言葉使いなどについて学びます。
・対象資格:秘書検定、ビジネス実務マナー検定、ビジネス文書検定、パソコン技能検定


<ブライダル専門科目>
結婚式に関する専門用語や、式の流れなど専門的なことについて学びます。中には、会場で使う音響設備や料理について学ぶ授業もあるでしょう。
・対象資格:アシスタントブライダルコーディネーター(ABC)検定・フォーマルスペシャリスト検定

<ホテルビジネス>
ホテル業界の基本や、サービス内容について学ぶ科目です。ホテルを会場とする結婚式を企画する際に役立ちます。
・対象資格:ホテルビジネス実務検定

<メイクアップ>
結婚式用の化粧方法だけでなく、メイクを通して相手と円滑なコミュニケーションをはかる方法を学びます。特に新婦にとって、式当日のメイクは重要です。結婚式会場によっては専門のスタッフがいますが、ウエディングプランナーもメイクについて理解しておく必要があるでしょう。
・対象資格:メイクセラピー検定、色彩検定

専門学校は研修も豊富


専門学校では、学外での研修も充実しています。結婚式の現場で実習を重ねることで、実践的な経験をを身につけられるでしょう。実習スタイルは各校さまざまですが、多くは以下のような内容となっています。

<週末インターンシップ>
土曜・日曜を中心として、ブライダル関連企業でインターンシップが行われます。結婚式場となるホテルだけでなく、婚礼衣装レンタル会社や結婚式プロデュース会社など、さまざまな場所で実践的な技能を学べる機会となるでしょう。

<海外研修・留学>
学校によっては、海外で実習をするところもあります。近年は海外ウエディングが増えているため、海外事情に精通したウエディングプランナーも必要とされています。海外研修や留学は、実務とともに英語も学べるのが最大の魅力といえるでしょう。学校によっては、帰国後に海外での就職までバックアップするところもあります。

<卒業制作>
「卒業制作」として、本物の結婚式を一からプロデュースすることもあります。実際に式を挙げる一般のカップルを募集し、学生が企画を提案します。学校で学んだ知識を総動員して取り組む実習であり、仕事に対する責任感が身につきます。

入学するには?学費や入試について


ウエディング系の専門学校では、どのような入学試験が行われるのか。また、入学後の学費も気になるところでしょう。以下に、一般的なケースをご紹介しておきます。

<入学試験>
ほとんどの学校で、書類審査と面接選考が行われます。高卒であれば、年齢や経験を問わず募集している学校が多いでしょう。入学試験では「志望動機」や「自己PR」などを聞かれ、ウエディングプランナーになるという“やる気”が問われます。

<学費>
学費は各校で異なります。同じカリキュラムでも昼間部と夜間部で金額が違うこともありますので、学校のパンフレットを取り寄せたりオープンキャンパスに参加して、自分の希望コースの学費をあらかじめ確認しましょう。インターンでは給与が支払われる場合もありますが、海外実習などでは別途費用がかかることもあります。志望校を決める際には、授業料と実習費どちらも確認しておくことが大切です。

新郎新婦の人生を彩るウエディングプランナーの仕事は、大きな責任と喜びを感じられる仕事です。ベスト進学ネットにはウエディングプランナーになるための専門学校がたくさん掲載されています。自分にぴったりの学校を選んで、幅広い知識と技能を身につけ、新郎新婦に喜ばれるプランナーを目指しましょう!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット