英語が苦手で勉強もしたくない状況から脱するために

高校生のみなさんの中には一番苦手で嫌いな教科が英語という人も多いのではないでしょうか。苦手な理由としては「勉強してもテストで点数が取れないから」って感じでしょう。中学生の頃に英語に対しての苦手意識がついてしまうと、中学の終わり頃にはあまり勉強もしなくなるので、高校に入ってからも特に勉強せず、時間が進むにつれて、「英語の授業が何言っているのかわからない」という状態になっていると思います。

この状況を打破するのはもちろん勉強しかないのですが、そうは言っても勉強する気も起きないものです。そんな方に試してほしいことは、「好きなことを英語で調べてみる」ということです。特に難しいことはしなくてもいいです。まずは自分の興味があることややりたいことを頭に浮かべてください。そしてそのキーワードを英訳して試しにインターネットで検索してみてください。

世の中には英語で記載された情報がたくさんあります。


“baseball"にしろ"cooking"にしろ、検索するとそのキーワードについて英語で書かれたホームページが結構あることに気が付くと思います。まずはなんでもいいのでページを開いて読んでみてください。特に量に制限もノルマもありません。極端に言えば、そこの「タイトル」を読むだけでもいいです。少なくとも英語の教科書にある英文を読むよりは、やる気が出てくると思います。なぜなら元々興味がある事柄について英語で書いているのからです。

書いてあることを全部理解しないといけないということもないです。分からない単語はあるにしても、案外「全く何が書いてあるかわからない」ということはないのでは?なんだかんだで、中学、高校で英語を勉強してきたので、それ相応の英語力は付いています。自分の興味があることが書いてあるので、記事の内容を理解するためにどうしても知りたい単語があれば、調べてみたいという気になってきます。気がつけば、教科書で英語を勉強している時よりも、「英語を勉強している」みたいな感じになってくるのです。

紙ベースで読みたいということであれば、大きめの図書館であれば英語のコンテンツは充実しています。英語で書かれた雑誌や新聞もありますし、スポーツやファッションなど内容もいろいろあると思います。もちろん、それらに記載されている記事をすべて読む必要はなくて、気になる所だけを読めば問題ありません。一つお勧めの雑誌として、"Reader’s Digest"というものがあります。ノンフィクションの短くてさまざまな内容の記事がたくさん掲載されている雑誌なので読みやすいです。もちろん、小説などのフィクションも図書館にはたくさんありますよ。

読むことが苦手だという方はこちら


残念なことに、読むという行為自体が苦手という人もいると思いますが、そういう方にも良い方法があります。それは、英語コンテンツの映像を見ることです。YouTubeでもなんでもいいのですが、興味がある事柄に関する英語のキーワードで検索して、動画を探してみてください。面白かったら見続ければいいですし、そうでなければ別の物をみたらいいでしょう。

ただ、映像を見ても何を言っているのかわからないという場合もあると思います。そこで比較的わかりやすいものがアニメです。英語のアニメは少し探せばいろいろあります。アニメであれば難しい言葉も長いセリフもそれほど多くはありません。また、一度日本語で見たことがあるものであれば、英語のセリフも分かりやすいでしょう。記事を読むときと同様に、すべてのセリフを理解しなくてもいいので気楽に楽しめばいいと思います。

英語のセリフで英語の字幕がついている映像があればなお良いです。何と言ったかわからないセリフが出てきたときに、字幕を見ればすぐにわかるからです。レンタルのDVDでも良いですし、"Netflix"というインターネットサービスもあります。英語の映画やドラマが月額700円くらいで見放題なのですが、これだと字幕を付けてビデオを見ることができるので結構お得ですし、昔の名作から最新のドラマまでコンテンツが充実しています。

外国人と話をしてみよう


英語はただ単に読んだり、聞いたりするための言語ではありません。書いたり、話をしたりと自分から情報を発するための言語でもあります。外国人と話をするのは正直怖い気持ちもあると思いますが、ジェットコースターに乗るのと同じようにワクワクした気持ちでチャレンジしてみましょう。一番手っ取り早く外国人の話し相手を見つける方法は、Language Exchangeのパートナーを見つけることです。Language Exchangeというのは、自分がある言語を教える代わりに、相手に何かしらの言語を教えてもらうことを指します。しかし、実際は真面目に勉強するというよりは、世間話をしているだけの場合が結構多いので、特に肩に力を入れなくても問題ありません。Language Exchangeのパートナーは、無料のパートナー募集サイトが何件かありますので、インターネットで検索をすればすぐに見つかります。Language Exchange はLineまたはSkypeで行われることが多いです。どちらも無料のアプリで通話も無料なので特にお金がかかるということもありません。

募集サイトに登録したら、積極的にパートナーを探すとよいです。基本英語でメッセージを送りますが、自分が書いたものに返事がくるだけでも結構面白いものです。登録している外国人はたくさんいます。最初から「話す」ということにどうしても踏み切れない方は、文字をタイプするだけのチャットだけ行いたい旨を伝えておけば問題ありません。チャットであれば、相手に返答することに時間をかけることができるので初心者の方にはお勧めです。

何か興味があることを英語で行うようにすると、知らない間に英語の力がついてきます。極端に言えば、海外に滞在している人と同じような経験をしているからです。彼らは、別に英語自体を勉強しているわけではなくて、英語で生活をして無意識に英語の知識やスキルを身に付けています。まずは、英語の成績とか学校の勉強とかについては気にしないで、何かしら興味のもてる形で英語に触れてみるといいでしょう。いままで苦手だった英語の印象が少し変わり、新しい英語の世界が広がっていくことでしょう。ベスト進学ネットは受験生を応援しています!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]専門学校向けシステム【infoClipper】
ベスト進学ネット