栄養士・管理栄養士になるには?

栄養士、管理栄養士になるためには専門学校や短期大学、大学へ進学することが必要になります。しかし、学校で学ぶ年数やコースによって、その後、管理栄養士へのステップアップへの必要な実務経験年数も異なるので、「まずは栄養士を目指したい」という方も、後々参考になるかもしれないので、栄養士になるための道のりとあわせて管理栄養士への道のりもみていきましょう。

栄養士、そして管理栄養士になるまでの道のり


2年制栄養士養成施設(専門学校、短大)


→2年制栄養士養成施設 卒業
→栄養士免許取得(卒業と同時に取得)
→実務経験3年以上
→管理栄養士国家試験合格
→管理栄養士免許取得

3年制栄養士養成施設(専門学校)


3年制栄養士養成施設 卒業
→栄養士免許取得(卒業と同時に取得)
→実務経験2年以上
→管理栄養士国家試験合格
→管理栄養士免許取得

4年制栄養士養成施設(専門学校、大学)


4年制栄養士養成施設 卒業
→栄養士免許取得(卒業と同時に取得)
→実務経験1年以上
→管理栄養士国家試験合格
→管理栄養士免許取得

4年制管理栄養士養成施設(専門学校、大学)


4年制管理栄養士養成施設 卒業
→栄養士免許取得(卒業と同時に取得)
→管理栄養士国家試験合格
→管理栄養士免許取得

一般的な流れは上記のようになっていますが、自分が進学したい学校やコースがどのような流れで栄養士、管理栄養士になれるのかを確認しておくと良いでしょう。また、管理栄養士国家試験を受験する際に必要な実務経験とは国が定める施設での経験になります。これには学校や病院、食品の製造や加工をしている施設、この他にも栄養に関する知識の普及向上そのほか栄養指導の業務が行われる施設などが該当します。実務経験を積んで管理栄養士国家試験を受験する場合には、この実務経験に該当するのかどうかも確認して、就職するようにしましょう。

どうしたら○○で働く栄養士になれるの?


栄養士、管理栄養士の就職先は学校、医療機関、行政施設など数多くあり、その種類は様々です。将来の自分をイメージしてみて、「こんなところで活躍する栄養士になりたい!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。では、どうしたらその場所で活躍する栄養士になれるのか、一緒に見て行きましょう。

病院、医療機関


専門的な知識が活かせる病院、医療機関への直接の就職を目指す方法以外に、委託給食会社に就職して、病院給食に携わるというのも一つの方法です。委託給食会社では調理だけでなく献立作成なども任されることもあり、スキルアップにもなるでしょう。また、公立の医療機関に勤めたい場合には、公務員試験に合格する必要があるので、こちらの試験勉強も頑張りたいところですね。

保育園や幼稚園、高齢者福祉施設


保育園、幼稚園では主に調理などの給食に関する業務が中心ですが、食育として子どもたちと接することもあります。対象者の年齢は0歳から6歳までと、施設によって様々なので、特に関わりたい年齢や食事形態(離乳食、幼児食など)があれば、その施設の現在の状況などを詳しく調べておくとよいでしょう。また保育園、幼稚園への就職だけでなく、委託給食会社に就職して保育園、幼稚園に配属されることでも、子どもたちの食事に関わることができます。委託給食会社の栄養士でも、給食業務だけでなく子どもたちに食育を行っているところもあります。
高齢者福祉施設も同様で、施設によって対象者の状態が異なり、提供する食事形態(流動食、刻み食など)が様々で、直接施設に就職する以外に、委託の給食会社への就職でも高齢者の食事に関わることができます。

学校給食


私立の学校であれば学校法人へ就職することで、公立の学校であれば公務員試験に合格して、公務員として採用されることで学校栄養士になることができます。自治体によっては学校に一人ずつ栄養士を配置するところや、給食センターに栄養士を配置して、学校を巡回するケースなど様々です。自分がどんな形で学校給食に関わりたいか(例えば一つの学校に勤務して子どもたちの成長を見守りたいなど)によって、受験する自治体を選ぶというのもよいかもしれませんね。

保健センター、保健所


市町村や県などの公務員試験を受けて、合格することで採用され、保健センターや保健所で栄養士として勤務することができます。採用後に配属先が決定するので、保健所に勤務して健康相談などの業務に従事したり、福祉課などで離乳食の相談に乗ったりと様々です。また、場合によっては公立の病院に勤務する可能性もあります。どこへ配属されても、地域の健康に貢献できることは間違いありませんが、自分が特に「この分野で活躍したい」という希望があれば、しっかりと自分の気持ちを伝えて、アピールしておきましょう。

学生寮、学生食堂、社員食堂など


学生寮や学生食堂、社員食堂を運営する企業(学校法人や企業そのものの場合や、福利厚生に関する企業が運営している場合があります。)に就職したり、委託給食会社に就職したりする方法があります。主に食事の提供やそれに関する業務が栄養士の仕事ではありますが、食育など健康や食に関する情報提供や栄養相談などを行うことも多いようです。運動部の寮などに勤務することでスポーツ栄養に携わるケースもあるようです。

レストラン、飲食店など


現場で調理をしたり、衛生管理に努めたりといった業務の他、メニュー開発や食材の発注などを行う栄養士もいます。栄養士にどのような仕事が任されるのかはレストラン、飲食店によって様々なので、就職する前に自分の希望する仕事ができそうか確認したり、面接などの際には自分の希望を伝えられるとよいですね。

スポーツ関連施設など


一般の方が利用するフィットネスクラブなどに就職することで、運動と栄養の両面から健康づくりをサポートできます。この他、プロのアスリートの栄養管理を行いたい場合には実業団やスポーツチームを有する企業に就職することで、その夢を実現できる可能性があります。また、選手たちの寮で食事を提供している委託給食会社等に入ることでもスポーツ栄養という分野で栄養士として活躍することができます。

開業栄養士(フリーランス)など


自分で仕事を作り出したり、仕事をとってきたりする栄養士です。会社を作って起業する栄養士もいます。開業、フリーランスの栄養士になるには、栄養士としてのスキルに加えて人脈や経験や、アイデアなどが必要となります。開業に向けたネットワークづくりやスキルアップを心がることが大切です。

このように、基本的には自分のしたい栄養士の仕事を行っている企業・自治体などに採用されることが「なりたい自分」へつながっていると言えそうですが、委託給食会社のように、直接的ではなくても、自分の興味のある分野や対象者と関わることができる道があります。「こんな栄養士になりたい」という気持ちを持って、前進していくことが大切ですね。

ベスト進学ネットでは栄養士、管理栄養士の学校が満載です。少しでも気になる学校には資料請求をして、詳しいパンフレットを取り寄せてみましょう!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]看護学校向けシステム【infoClipper】
ベスト進学ネット