ひよこっこ
「文系か理系か」栄養士に役立つ方を選択して将来の準備をしよう!

栄養士・管理栄養士を目指すなら文系?理系?

栄養士・管理栄養士になりたいけれど、高校の選択授業などで「文系か理系」を決めるのに、どちらを選んだらいいのか悩んでいる方も多いかと思います。

栄養士や管理栄養士というと、高校の科目で最も近い授業は「家庭科」と思われるかもしれません。実際に家庭科教員の中には、栄養士免許をもっている人もいます。ですが、栄養士になるためには、家庭科の勉強以外にもしっかりと勉強しておきたい科目があります。
ここでは、「栄養士・管理栄養士」を目指す高校生が「文系か理系か」どちらを選ぶといいのか、また栄養士・管理栄養になる夢を叶えるために大切なことは何かをご紹介します。

栄養士には文系・理系どっちが必要?



栄養士・管理栄養士は、一見、文系とも理系とも区別がつかないような中間の資格のように思われがちですが、実は理系の資格です。

その中でも、タンパク質やビタミンといった栄養素は化学の要素が強く、それらの栄養素が人の身体の中でどのように使われていくのかなどの代謝に関しては生物の授業と関係があります。

食品学や調理学でも、例えば食品のテクスチャー(硬さ、柔らかさなどの食感)は物理や食品の水分量や分子構造といった化学の分野が関係します。また、食材を炒めた時の焦げた色や香りの変化も化学反応によるものです。この他、衛生管理(食中毒の予防等)も栄養士の大事な仕事ですが、これらにも生物・化学が関係しています。

このように、栄養士・管理栄養士になるための勉強には理系科目が特に関わってきます。専門学校や大学などに進学後も必要となってくるので、高校生のうちから意識して勉強に取り組んでおくと役に立つでしょう。

ですので、栄養士・管理栄養士を目指すのであれば高校では「理系」の授業を選択することをおすすめします。
もちろん、「文系」を選んだからといって栄養士・管理栄養士を目指せない訳ではありません。専門学校や大学に進学したあと、しっかりと勉強をすれば誰でも夢を叶えることができるでしょう。

⇒栄養士・管理栄養士の学校はコチラ!

栄養士を目指すのに大切なこと



栄養士・管理栄養士を目指す方の中には、「理系科目は苦手」「料理は苦手」という方もいるかと思います。ですが、夢をあきらめる必要はありません。確かに、栄養士・管理栄養士になるためには理系の授業や調理実習は必須です。しかし、これら以外にも、「給食の経営管理」には経営学・経済学なども関わってきますし、「栄養教育」にはカウンセリングやコミュニケーション能力も必要になってきます。栄養士・管理栄養士の活躍できる分野は様々ありますし、自分が好きな分野や得意な分野を活かせる場所もきっとあるはずです。

栄養士になるために大切なことは、まず「栄養や食べ物、健康に興味があること」です。そして「こういう栄養士になりたい!」という夢を持ったら、その目標にむかってひたむきに進んでいきましょう。きっと、素敵な未来が待っているはずです。

ベスト進学ネットでは栄養士・管理栄養士の学校が満載です。栄養士・管理栄養士に興味がある高校生は学校に資料請求をしてみましょう。もっともっと栄養士や管理栄養士のことがわかりますよ!

⇒栄養士・管理栄養士の学校への資料請求はコチラ!

このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学籍管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット