栄養士を目指す人のよくあるQ&A

栄養士に興味がある高校生のみなさんなら、日頃から栄養士に関する話を耳にすることも多いでしょう。そんな話を聞いていると、「本当にそうなの?」と思ったり「大丈夫かな」と不安になったりすることもあるかもしれませんね。このコーナーでは、よくある疑問や質問をまとめて、栄養士に興味があるみなさんの疑問をスッキリ解消できたらと思います。

Q.栄養士って女性が多いの?


女性が多いです。正確な比率が公表されているわけではありませんが、一般に9:1で女性が多いようです。栄養士は女性の職業というイメージが強いようですが、大量調理など力仕事もあり、男性も活躍できる仕事です。もちろん力仕事以外でも、男性栄養士が活躍できる職場は多いでしょう。男性も女性も、自分らしさが活かせる職場と出会えると良いですね。

Q.栄養士って料理が得意じゃないとダメなの?


料理はできたほうが良いです。職場や職務内容によるので料理ができないとダメというわけではありませんが、栄養士養成課程の学校では調理実習が必須ですし、レシピや献立を考える際にも料理ができると役立ちます。調理技術は練習すれば向上しますから心配いりません。料理をするのが楽しい、料理が好きという気持ちがあれば大丈夫です。

Q.栄養士になるには理系科目ができないとダメなの?


栄養士は理系の資格ですが、数学や理科などができないとダメというわけではありません。高校時代文系コースだったという人でも、栄養士として活躍している人は多くいます。しかし、栄養士養成課程の授業には数学、生物、化学などと関連した授業も多くあるため、こういった科目が得意であればよりスムーズに授業についていけることは確かです。栄養士になりたい!と思ったら、高校の理系科目にも力を入れて取り組むとよいでしょう。

Q.栄養士って給食室にいるイメージがあるけど?


給食室以外にもいます。かつての栄養士は給食の献立を考えたり、食事を提供したりという仕事が多かったのですが、最近では栄養相談や保健指導、食育のように給食室から出て、人と接することも多い職業になってきています。また、栄養士の資格を活かして食品メーカーなどに就職する人も多く、給食室だけに限らず様々な可能性があります。

Q.食に関する資格は多いけど、栄養士・管理栄養士は何が違うのですか?


公的な資格であることです。栄養士は都道府県知事から与えられる免許で、管理栄養士は厚生労働大臣から試験合格者に与えられる国家資格です。もちろん、取得するまでに実習や授業など多く、大変な道のりがありますが、そのぶん価値のある資格と言えるでしょう。

Q.栄養士だけじゃだめ?


栄養士の資格でできる仕事であれば、栄養士のみでも大丈夫です。しかし、管理栄養士を持っていないとできない仕事もあり、ステップアップしたい場合には管理栄養士の取得を目指すとよいでしょう。まずは栄養士を取って、自分の好きな仕事かどうか、向いているか向いていないかを考えてから次を考えるというのも一つの道です。

Q.栄養士の他に目指したほうがよい資格はある?


栄養のスペシャリストになるには、栄養士の上級資格にあたる管理栄養士の取得を目指すとよいでしょう。栄養士の資格を活かして働くのであれば、管理栄養士を取ることが何よりです。

この他に、食に関する資格としては、公的なものでは栄養教諭(栄養士と教員免許を併せ持った資格)や調理師、製菓衛生師、パン製造技能士、菓子製造技能士、レストランサービス技能士など、民間の資格ではスポーツ栄養士、フードコーディネーターやフードアナリスト、フードスペシャリストなど多くの資格があります。

これらは栄養士として働くには特に必要な資格ではありませんが、自分の進みたい進路に必要な場合や、役立ちそうな場合には取得を目指すとよいでしょう。

Q.栄養士・管理栄養士になる最短コースは?


栄養士なら二年制の短大、専門学校です。管理栄養士なら四年制の大学、専門学校が最も早く、管理栄養士の資格を持って現場に出ることができます。

Q.栄養士、管理栄養士の合格率は?


栄養士免許は養成課程を卒業することで取得できるので、合格率は特にありません。管理栄養士の国家試験の合格率は、毎年多少の変動はありますが、ここ数年は50%前後です。ただ、中身をよく見て見ると、管理栄養士養成課程を卒業見込みで受験した人(いわゆる新卒と呼ばれる人)は、95%程度であるのに対し、管理栄養士養成課程や栄養士養成課程を卒業後、働きながら勉強して受験をした人(既卒と呼ばれる人)では、その合格率はだいたい10〜20%台と大きく下がっています。受験対策を十分にできる学生と、働きながら勉強をして受験する社会人とでは、合格率に差が現われるようです。
「絶対に管理栄養士になりたい!」と思ったら、十分な国家試験対策ができる管理栄養士養成課程を目指したほうが可能性は高いようです。

Q.社会に出てから、働きながら栄養士を取ることはできる?


残念ながら、栄養士は通信教育や独学では取得することはできません。そのため、栄養士養成課程の専門学校や短大、大学などに通学して免許を取得しましょう。働きながら学校に通うということも、大変かもしれませんが、働き方によっては不可能ではありません。自分の望む形で通学できて栄養士の免許が取れる学校があるか調べてみるとよいでしょう。

いかがだったでしょうか。栄養士についての疑問が少しでも解消されたでしょうか。疑問に思うこと、不安に思うことは今のうちにすっきりさせたいですね。希望する学校のパンフレットを取り寄せたり、オープンキャンパスに参加して先輩の話を聞いたりするなど、納得のいく進路選択ができるといいですね。

ベスト進学ネットには栄養士・管理栄養士の学校がたくさん掲載されています。自分にぴったりの学校を探してみてください。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学籍管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット