ひよこっこ
保育士に必要な知識や心構えを紹介!

保育士とは?〜保育士の基礎知識〜

保育士の仕事


保育士は、子どもの健やかな成長を支える専門職です。児童福祉法(第18条の4)では『専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者』と定義されています。保育士は子どもの面倒を見るだけでなく、保護者にも子育ての指導をすることができる、保育のプロなのです。

児童への保育


「児童」とは0歳〜18歳までが対象です。成長過程における福祉的な支援者として、「養護」と「教育」の二つの役割を担っています。「養護」は安全な環境づくりや健康で快適に生活するための支援であり、「教育」は基本的な生活習慣や豊かな心、人との関わり合い方などを養う支援です。保育士は、子どもに寄り添い、より豊かな人生になるよう力を注ぐ仕事といえるでしょう。

児童の保護者への保育に関する指導


保護者に対して、子育てに関するアドバイスをしたり、教育をしたりするのも大切な仕事です。また、地域における子育てをサポートする役目もあります。保育は、保育園などの施設にいる時間だけで完結するものではありません。家庭や地域といった保育環境も含め、広い視野を持って子どもに関わることも求められます。

⇒保育系の学校への資料請求はコチラ!

保育士として働く魅力



現場で働く保育士には、次のような仕事の魅力があります。

・日々、子どもたちの成長を感じることができる。
・責任がある仕事で、やりがいがある。
・保育士の仲間と、喜びや感動を共有できる。
・仕事を通して、自分自身も成長できる。
・自分が子育てをするときに保育士の知識や経験が役に立つ。
・社会的に必要とされていると思える。


子どもたちや保護者に真摯に関わることによって得られる充実感は、保育士ならではといえるかもしれませんね。

⇒保育系の学校への資料請求はコチラ!

保育所(保育園)の役割


保育士を目指す人が、まず思い浮かべるのは保育園で働く姿でしょう。保育園は、仕事などで十分な保育をすることが難しい保護者にかわって保育をする施設です。幼稚園とは違い、「学校」ではなく「児童福祉施設」に該当します。

対象である子どもの年齢は、施設によって違いがあるものの、基本的には0歳〜6歳(小学校入学前)までです。保育園に通う時期の子どもたちの成長は著しく、また個人差が大きいものです。年齢だけでなく、一人一人の発達に合わせて支援をすることが求められます。

保育士は保育の専門家ですから、「子どもが好き」という個人的な感情だけでなく、常にプロ意識を持って関わらなければなりません。自主性・自立心を重んじながら成長を支援することは、子どもたちの将来にとって大きな糧になることでしょう。

⇒保育系の学校への資料請求はコチラ!

保育士が活躍する職場



保育士は多種多様な職場で働いています。保育士が活躍している主な施設は以下の通りです。

・保育所(保育園)
・認定こども園
・児童厚生施設(児童館、児童遊園)
・放課後児童健全育成事業
・乳児院
・児童養護施設
・児童自立支援施設
・母子生活支援施設
・障害児入所施設
・障害児通所支援施設
・児童発達支援施設

さらに、デパート・映画館・美術館などに併設された「一時預かり所(キッズルーム)」や、民間企業に設置されている「託児所」で働いている人もいます。

人々のニーズに合わせてさまざまな形のサービスが提供されており、保育士は多岐にわたって必要とされているのです。新しい情報にアンテナを張りつつ、子どもと関わる仕事について柔軟に考えてみることで、仕事のイメージを広げることができるでしょう。

⇒保育系の学校への資料請求はコチラ!

保育士に求められる資質と心構え


保育士に求められる資質として、一般的には「人間性」「意欲」「態度」「健康・体力」があげられます。

人間性


保育士は、知識や技術だけで勤まるものではありません。保育には、本人の人間性が自然と映し出されるものなのです。なので、包容力のある優しさや、明るい人柄が望まれます。

意欲


「保育士になりたい」という熱意は必須です。また、より良い保育を目指そうとする向上心も大切です。仕事へのモチベーションが高いことは、適性の一つといえるでしょう。

態度


人との関わり合いで成り立つ保育士の仕事には、思うようにいかない場面も少なくありません。どんな時でも、責任を持って前向きに行動し続ける姿勢が求められます。

健康・体力


活動的に過ごすために、健康と体力は欠かせない要素です。心身の自己管理ができていることで、子どもたちをのびのびと支援することができます。

⇒保育系の学校への資料請求はコチラ!

保育士の資格について


保育士は、厚生労働省の管轄で児童福祉法に基づく国家資格です。資格を得るためには、保育士を養成する学校や施設で所定の課程を履修し卒業するか、保育士試験に合格しなければなりません。

働く場所はさまざまですから、幅広い分野に対応できる保育の基礎スキルと、職場に応じた高い専門性が求められます。保育士は“一生もの”の資格ですが、取得した後も勉強し続けることが大切です。

⇒保育系の学校への資料請求はコチラ!

保育士を目指すなら



女性の人材活用が推し進められる中で共働き世帯も増えており、保育サービスの充実と保育士の必要性がさらに高まると予想されます。保育士は、今の社会を支え、未来の社会を担う子どもたちを支えているのです。やりがいとともに、非常に意義のある仕事といえるでしょう。

ベスト進学ネットには、保育士を目指せる学校が満載です。気になる学校には資料請求をして、あなたにぴったりな保育士の学校を見つけて、夢を叶えてください。

このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]出欠管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット