ひよこっこ
就職先によって、柔道整復師の仕事のやりがいや魅力は変わります!詳しく見てみましょう!

柔道整復師の魅力とやりがいとは?

柔道整復師免許を取得すると、接骨院はもちろん整形外科福祉施設でも働くことができます。同じ柔道整復師でも各施設・職場によって業務内容が変わりますし、そこで勉強になることや働きがいも変わってくるのです。

ここでは、柔道整復師が各現場で働く場合の、それぞれの魅力や、柔道整復師のやりがいについてご紹介します。

接骨院でのやりがい



接骨院では腰痛や肩こりなど慢性的な疾患が多く、患者様の住まいが半径1Km以内の方が8割〜9割なので、ほとんどがご近所の方です。慢性的な痛みだと長期間継続して来院することになるので、自然と顔なじみになり身近な話をするようにもなります。このように患者様との距離が近いのが接骨院の特徴でしょう。そんな中で「○○先生のおかげで楽になりました」、「痛みで仕事も手につかなかったのが、だいぶ楽になり元気に仕事ができるようになった」と言われると柔道整復師としてのやりがいを感じられるでしょう。

また、施術した患者様が誰かを紹介してくれると、自分のことや技術を認めてもらえたことになるので今後の頑張りがいにつながります。やはり苦労して取得した技術で患者様に治療をし、感謝をされることは、柔道整復師として大変名誉なことで一番やりがいを感じられる時だと思います。

⇒柔道整復師の学校はコチラ!

病院でのやりがい



整形外科では、骨折・脱臼などの疾患様が多く、接骨院よりも新規の患者様が多い傾向があります。整形外科でも患者様に対して整復・施術を行うので、感謝されるという点では接骨院と同じです。

それ以外に、より専門的な知識と経験が得られることが整形外科で働く上での魅力だと思います。レントゲン撮影や手術が必要な患者様は医師が診察を行うので、接骨院ではなかなか診られない疾患や症状の患者様が来ることがあります。さらに、病院によっては、スタッフを集めて定期的な勉強会を行っているところもあり、常に自分の技術を磨ける環境があります。看護師や理学療法士など色々な職種が勤務していることも接骨院では無いことなので、自分の技術の中に医師や看護師の知識、理学療法士や作業療法士の技術などを取り入れていくことも良いでしょう。

柔道整復師が病院やクリニックなどで施術を行う場合は、セラピスト資格と呼ばれる資格が求められます。そのセラピスト資格を取得するための業務として、新人の柔道整復師に色々な臨床の現場で助手などの経験をさせてもらえる病院もあるそうです。中には整形外科勤務がきっかけで、柔道整復師として医療の研究職に就いた方もいるので、自分の知識や経験をとことん極めていきたいという気持ちがある方には整形外科での勤務がオススメです。

⇒柔道整復師の学校はコチラ!

福祉施設でのやりがい



福祉施設の現場では、機能訓練指導員として入所している高齢者に対して、体操やその他専門的な訓練を行います。接骨院や整形外科は新規や飛び込みで患者様が来ることがあるので、患者様の数が多い日少ない日がありますが、福祉施設の場合は受け入れられる人数が決まっており、どの日にどの時間帯に誰が来るのかが分かるので、計画的な対応を取ることができます。どのような訓練を行うか契約して、利用を開始する前に利用者様ごとに決めてしまうので、突然来た人に対し診断し、その場で施術内容を決定しなければならないという慌ただしさがありません。余裕があるということは、その分他のことに力を注げるので、利用者様一人ひとりに合った訓練を考えたり準備したりできます。

福祉施設内で医療系の資格を持っている人はかなり重宝されるので、サービス内容を見直す会議を行うときなどに、医療的観点から意見を求められることもあります。介護職員や看護職員、機能訓練指導員や相談員が共同してより良いサービスを提供するために医療的観点から意見を出し、それによってサービスを受けた利用者様が喜んでくれたり、介護が必要無くなるくらい元気になったりすると、福祉施設で働くやりがいとなっていくでしょう。

また、福祉施設は高齢者の方はもちろん、ケアマネージャーなどの関係者、家族など色々な人が関わって成り立っています。周りの方々からの評価も受けることができるので、いろいろな人との関わり合いが持てるということも福祉施設で働く魅力と言えます。

⇒柔道整復師の学校はコチラ!

柔道整復師のやりがい


体の痛みは誰でも必ず感じることです。仕事以外でも、例えば家族や親戚・友人などが体の痛みによって困っているときに相談に乗れたり、場合によっては施術をしてあげられたりすることができるのが「柔道整復師」です。

ふとした時に怪我をしてしまった場合、早急に対処すれば、大事に至らない事も多いです。そのためには技術や知識を習得しある程度の実務経験が必要ですが、困っている人の相談に乗れることは仕事のやりがいになるでしょう。

柔道整復師は、痛みで困っている人に対して、治療したり楽にしてあげる技術を持つ専門職です。全て自分の手で行うので場所を選ばす、どこでも色々な人から感謝されたり喜んでもらえることが最大の魅力です。

ベスト進学ネットには柔道整復師の学校がたくさん掲載されています。まずは気になる学校のパンフレットの請求して進路探しをはじめてみてください。

⇒柔道整復師の学校はコチラ!

このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]教務システム【infoClipper】
ベスト進学ネット