介護福祉士のやりがい〜介護福祉士・たぬきさんの体験記〜

高校生のみなさん、こんにちは。介護福祉士の『たぬき』と申します。このコーナーでは主に施設で長期間生活するお年寄り、入居者のお世話をしていた介護福祉士の体験について書いていきます。

介護福祉士って何をするの?


高校生のみなさんは介護福祉士が何をする仕事なのか知っていますか?お年寄りと会話する、食事や入浴の介助をする。または、きつい、汚い仕事と思っている人もいるでしょう。ところで、身近に赤ちゃんがいた経験がありますか?赤ちゃんのオムツ交換や、お風呂、ご飯を食べさせるなどをしたことがある人もいると思います。介護とは簡単にいえば、このような赤ちゃんにしてあげるようなことを、お年寄りに対してすることなのです。
介護福祉士が仕事をする場所は、日帰りで施設に来て体操やレクリエーション、入浴をして帰るデイサービスや施設に入所しリハビリを行って自宅に帰れる支援をしている施設、家での介護が難しい方が生活をする施設など様々です。


施設に入居される方は生まれも育ちも年齢も違います。ご家族や家庭環境も違います。身体の状態についても歩ける方や車椅子、寝たきりの方など様々です。施設に入居されているので規則もありますが、施設には大人数が生活しているので不満が出る場合もあります。入居者へ介助という手伝いだけでなく、生活していく上でのさまざまなサポートをすることも、介護福祉士の大切な仕事です。

介護福祉士のやりがい


私が介護施設で働いている時に感じたり、経験したことについて書いてみたいと思います。

まずは、ある入居者のおばあさんとのことです。週に1回は近くに住む娘さんが会いにこられていましたが、遠方に住む息子さんはお盆、お正月にしか会いに来られない方でした。めったに一堂に会うことができないご家族でしたので、その娘さんと息子さんが来られた際に、「ご家族の集合写真を撮らせてもらってもいいですか?」とお願いしてみました。そして、その写真を誕生日カードにしてプレゼントしたところ大変喜んでいただけました。たった1枚の写真ですが、ご家族にとってうれしい物になったと言われました。こんなに喜んでもらえると思っていなかったので、私もすごくうれしい気持ちになりました。

別のある日、大雨で雷もなっている日に私は夜勤という朝までの勤務でした。いつ停電してもおかしくない状態で、入居者のみなさんもいつもとは違う様子で不安な顔をされていました。そして真夜中に停電しました。私たち職員は懐中電灯を持って各部屋を回り入居者の確認を行っていました。5分程度で停電は復旧しましたが、入居者のおじいさんから「あんたは停電したらすぐに来てくれたよね。だからすごく安心したよ。」と言われました。ただ仕事として当たり前の事を行っただけなのですが、その日から「あんたはあの時こうだった」といつも褒めてくださいました。また何かあったらよろしく頼むと言ってくれました。

次に、身体の不自由もなく元気なおばあさんです。私はその方の担当職員になりました。いつも会うたびに昔の話やご家族の話など教えてくださいました。しかし会話をする時間が長く、会うたびに会話をしているため、他の仕事が進みません。そこで、勤務時間が終わってからそのあばあさんの話を聞くようになりました。その様子を他のおばあさんやおじいさんが見ており、他の方からも話を聞いてほしいと言われるようになりました。「うんうん」「昔は大変でしたね」などと聞いていくうちに、施設の他の入居者についての不満などのお話も聞くことができました。それを機に、施設での部屋割りや食堂の席を換えるなどの改善を行ったことで、みなさんが不満なく生活できる場所に変えることができました。より良い環境への改善ができたことで、私も気持ちよく仕事ができるようになりました。

介護福祉士にとって大切なのは、おじいさん、おばあさんの話をよく聞くことです。会話をすることによって入居されている方の体調の変化やストレスの有無などに気づくこともできるようになります。入居者全ての人が会話をできるとは限らないのですが、それでも話かけることが必要です。会話という簡単なことで信頼関係ができ、入居する方たちとの良い関係づくりにもなると思います。

介護福祉士のまとめ


私の体験談を書かせてもらいましたが、介護福祉士という仕事はやりがいがある仕事だと思います。入居者一人ひとり個人差があるので、介助する方法も個人に合わせて行っていくことが大事です。また会話した内容も、他の職員や上司へ報告し、入居者の思いを共有することが必要です。

高校生の中にはお年寄りと会話をするのが苦手な人もいると思いますが、自分のおじいさん、おばあさんのように話かけること、先輩職員が会話しているのを聞くことでコツをつかむことは可能だと思います。介護福祉士はきつい仕事だと思っている人もいると思いますが、それ以上にやりがいのある仕事です。

お年寄りが好き、人に喜ばれるのが好き、誰かの役に立ちたい、そんな高校生はぜひ介護福祉士について考えてみてください。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学籍管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット