看護師とは?〜看護師の基礎知識〜

高校生のみなさんは、看護師のことはある程度知っていると思います。最近は、テレビでもよく取り上げられていますし、看護師に会ったことないという人はあまりいないと思います。風邪をひいたり、怪我をしたり、予防接種を受けたりなどなど、生まれてから人生を終えるまで、看護師との出会いはさまざまな機会や場面であります。

それでは、みなさんの看護師のイメージはどうでしょう。笑顔でやさしい人?あるいは、点滴や注射ばかりするちょっと怖い人?いろいろあるかもしれませんね。

ナースキャップについて


ところで、看護師のトレードマークのひとつであるナースキャップが最近は見られなくなっているのをご存知でしたか?なぜなのでしょうか?それにはきちんと理由があるんですよ。その理由とは不潔だからです。

テレビで“院内感染”という言葉を耳にしたことはありませんか。“院内感染”とは、医師や看護師など医療従事者(医療に関わる人)を介して、感染力のある菌が広がって病気を発症するということです。患者様はただでえ不安を抱え、つらい治療に向かっているわけですから、新たな病気をうつされるということは大問題なのです。ナースキャップは、白衣に比べて洗濯をする頻度が下がることや、看護師が仕事をしているときに不意に汚れてしまって不潔になりやすいのです。そのため、ナースキャップはなくなりつつあります。

看護師を知っているという人でも、ナースキャップが無くなってきていることまでは知らない人も多いのではないでしょうか?

看護師の仕事


みなさんがよく知っている看護師であっても、実際の仕事について意外と知らないことも多くあると思います。そこで、まず看護師の仕事について説明をしたいと思います。看護師の仕事というのは主に“診療の補助”と“療養上の世話”をする人であると法で定められています。

“診療の補助”とは点滴や注射など、医師の指示でおこなう医療行為です。医療ミスがないように複数で確認をし、間違いがないように行います。そして“療養上の世話”は、食事や入浴など私たちが日常生活で行っている活動のなかで、患者様のできないことをお手伝いしたり、患者様ができるようになるために一緒に行うことです。このように記してしまえば、たった二つなのですが、その中身は病気やその人に合わせると数えきれないほどあります。

チーム医療(看護師の役割)


患者様の治療はチームで行います(チーム医療)。治療に関わる職種は、医師と看護師だけでなく、理学療法士や作業療法士、栄養士、医療ソーシャルワーカーなど多くの人でチームが作られています。患者様がよりよい治療をよりよい環境でうけるためにも、看護師は患者様とその家族の思いを知り、患者様の身体的、精神的な状態を観察、把握し、チームが円滑に機能できるように他の職種の人たちと密接なコミュニケーションを取っていきます。こうしたことも看護師の大切な役割の一つです。

看護師役割の具体例


例えば、患者様の食欲がなかったとします。そんな時、看護師は、この患者様はどうして食欲がないのだろうと考えたり、患者様から話を聞くことで患者様の食欲がない原因を探します。治療が不安で眠れなかったのだろうか、薬の副作用で気分がすぐれないのだろうか、嫌いなメニューばかりで食べることができなかったのだろうか、などなど原因を追究します。

そして、その原因を少しでも解決するために、治療に対する不安は医師にもう一度説明してもらえるように相談したり、医師や薬剤師と薬の処方について相談したり、メニューについては栄養士に相談するなど、患者様の様子を少しでも良い状態にできるように周囲に働きかけるのです。

看護師の働く場所


では、看護師が働く場所は病院だけでしょうか。もちろん多くの看護師は、病院やクリニックで働いています。しかし、それだけではありません。自宅に出向き看護を提供する訪問看護ステーションや、保育園や学校、老人福祉施設、障がい者施設、会社、市役所、健診センターなどなど働く場所はいっぱいあります。また、災害の現場に赴くこともあります。災害が起こってすぐの治療ももちろんですが、その後の避難生活での身体的、精神的な援助に当たったりしています。また、国際的な活動として発展途上国で看護を提供することにより、多くの命を救う手助けをしている人もいます。

看護師の働く場所は日本に留まらず、海外を含め幅広い活躍が期待されています。どうですか?みなさんはどんなところで、どのような看護師として働きたいと考えていますか?これからの看護師の活躍が楽しみになってきますね。

看護師になるには?


看護師になるためには国家試験を合格しなければなりません。看護師国家試験受験資格を得るためには、専門学校や大学短大を卒業する必要があります。そして、国家試験を受験するために必要な最低限の学習は厚生労働省で決められており、専門学校でも大学でも必ず取得しなければいけない授業があり、実習も多くあります。

そのような学生生活を無事終わらせ、国家試験の合格を掴みとるためには、看護師になりたいというみなさんの強い決意が必要なのです。看護師になりたいと願うみなさんの気持ちがあれば、きっと国家試験に合格し、看護師を一生の仕事としていくことができるはずです。

ベスト進学ネットは看護系学校が満載


ベスト進学ネットは看護系の専門学校、大学短大が多く掲載されており、看護師を目指す高校生のみなさんが多く利用されています。気になる学校にはまずは資料請求してみてください。学校の詳しいパンフレットが届きますよ。

みなさんもぜひベスト進学ネットを活用して憧れの看護師への第一歩を踏み出してみませんか?
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学籍管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット