ひよこっこ
看護師さんに、学校の選び方について聞いてみました!

私の看護学校の選び方【看護師・ミユキさんの体験記】

看護師に興味を持っている高校生のみなさん、こんにちは。私は看護師のミユキと申します。ここでは私の実体験に基づいた体験をお話しします。今回のテーマは『私の看護学校の選び』です。

看護学校の選び方



「看護師になりたい」と思い立っても、すぐになれるわけではありません。看護師を養成する学校へ入学し、その学校の卒業資格を得た者が看護師の国家試験受験資格を与えられ、さらにはその国家試験に合格して初めて看護師の免許を取得できます。そのため、看護師になるには第一ステップとして看護師を養成する学校へ入学しなくてはなりません。では、この看護学校はどのように選んでいけばいいのでしょうか。

看護学校といっても、大学・短期大学・専門学校があります。大学は4年制、短期大学・専門学校は3年制のカリキュラムとなっています。ではこの1年の差は何かというと、専門学校卒業時には看護師の国家試験受験資格を得ることができますが、4年制大学の場合は看護師のほかに保健師や助産師の国家試験受験資格が同時に得られるカリキュラムになっているというところです。保健師や助産師は、看護師の資格がないと取得することはできません。

専門学校でも4年課程の総合カリキュラムを採用している学校であれば看護師と同時に保健師の国家試験受験資格を得ることができますが、大学などに比べて数が少ないのが現状です。ちなみに3年制の短期大学や専門学校でも、卒業後さらに保健師や助産師の専門の学校へ進学すれば、保健師や助産師の国家試験受験資格を得ることはできます。

以上を踏まえたうえで、4年制の大学にするのか、3年制の短期大学や専門学校にするのかを選ぶといいでしょう。

⇒看護師の学校はコチラ!

私が看護専門学校を選んだ理由



私自身はある看護専門学校へ入学したのですが、理由はいくつかありました。まずは1年でも早く働きたかったこと。保健師や助産師にはあまり興味がなかったこと。大学病院が付属であったこと。学費のこと。自宅から近かったこと。などです。

1年でも早く働きたかった


『1年でも早く働きたかった』と書きましたが、正確には4年も勉強したくなかった…ということでもあります。保健師や助産師になりたいという希望は特になく、看護師になることだけを目標にしていたので、看護師の免許が取れるのであれば1年でも早いほうが良いと考えました。そのため、迷わず専門学校を選びました。また、保健師や助産師には養成校へさらに1年通えば資格取得も可能であるため、大学でも、専門学校+保健師または助産師学校に通っても勉強する合計年数は変わりないのだから、のちに保健師や助産師になりたいと思えばまたその時に保健師や助産師の養成校へ進学しようと考えていました。

学費や奨学金について


次に学費です。学校によって学費は様々ですが、通うのが1年少ないのですから専門学校のほうが安くなる傾向があります(全ての学校が当てはまるとは限りません)。また、私が通った専門学校には奨学金制度が設けられており、2万円/月の奨学金が3年間もらえました。さらにこれらの奨学金は、付属の大学病院で3年間勤務すれば返済しなくてよいというシステムでした。同級生の9割がこの奨学金制度を採用しており、アルバイトなどに時間を割けない分、一人暮らしの生徒などには特にありがたい制度でした。学費に不安がある場合は、希望する看護学校にこのような制度があるか確認すると良いでしょう。

⇒奨学金について詳しくはコチラ!

大学病院付属のメリット


大学病院が付属していること。これも大きな利点のひとつでした。ほとんどの生徒はそのまま付属の大学病院への就職を決めていました。実習先はもちろん付属の大学病院であったため、就職後の職場が想像しやすく、科によっての雰囲気や人間関係も実習などで情報を得ることができます。些細なことですが、物品の場所・部屋の場所などそのようなことを少しでも前もって把握しているだけで、新人時代は少し心に余裕が持てます。
さらに、ほとんどの生徒がそのまま大学病院へ就職するため同期に知り合いが多く、先輩も顔見知りという状況が多くあります。就職したばかりの時期でも周りに知り合いがいるというだけで心強い環境であったと思います。

自宅から通える範囲


この他にも自宅から近かったというのも理由のひとつです。学生時代は本当に多忙でした。試験・実習期間は、特に夜遅くまで勉強やレポートの仕上げや実習記録のまとめなどを行わなければならず、また実習は臨床の現場に合わせた時間で動くので、朝8時には病院集合という時もありました。そのため、睡眠時間がなかなかとれないような状況でしたが、自宅から近かったので心身共に少しは休むことができていたと思います。

⇒地図から学校を検索してみよう!

私が看護学校を選ぶうえでポイントにした点は以上です。学校それぞれの良い点悪い点も個人によって感じ方は様々だと思うので、参考程度にしてみてください。同じ専門学校でも大学病院が付属してない場合もあれば、大学や短大で大学病院が付属していることもあり、学校によって様々です。

卒業後の就職についてですが、大学卒と短大・専門学校卒で差があるのかというと、実際ほとんどないと思います。新卒の場合、お給料では多少差が出ますが1〜2万円程度です。中途採用の場合、ほとんどの場合が学歴はあまり関係なく、経験年数で決まります。

また、先ほど述べたように私の通っていたような専門学校であれば、大学病院が付属しているのでほとんどがその大学病院へ就職できますし、大卒者を優先して就職させるというような状況はありませんでした。大きな病院になればなるほど看護師は不足している状況なので、学歴で就職の可否に影響されることはほとんどないと思います。ただ、専門学校を卒業した場合の最終学歴は「専門学校卒」になります。看護師としてではなく、一般企業へ就職する場合は「大卒以上」が募集条件の場合もありますので、看護師以外の就職も意識する場合はこの点も参考にしてください。

⇒看護師の学校はコチラ!

自分に合った学校を選ぶ



以上はあくまで私個人の意見ですが、看護学校を選ぶ際には、
・3年制と4年制の違い
・保健師や助産師の資格も取得したいのか
・場所や学費
・寮の有無
・授業内容
・付属病院の有無
・就職状況
・国家試験合格状況
・生徒数
・実習先
・就職後のフォロー体制

など様々な情報を総合し、何を重視するのかをしっかり考え、自分に合った学校選びができるといいですね。

ベスト進学ネットには看護系の学校がたくさん掲載されています。まずは気になる学校のパンフレットの請求して進路探しをはじめてみてください。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]教務システム【infoClipper】
ベスト進学ネット