看護学校での実習体験【看護師・ミユキさんの体験記】

看護師に興味を持っている高校生のみなさん、こんにちは。私は看護師のミユキと申します。ここでは私の実体験に基づいた体験をお話しします。今回のテーマは『看護学校での実習体験』です。

看護学校の臨地実習


看護学校では、筆記の勉強も多くありますが臨地実習の時間も多く設けられています。1年生・2年生では2〜3週間の実習が年に1〜2回程度ですが、3年生になると5月から11月頃まで約半年臨地実習が行われます。

私の学校の実習では、6〜7人のグループに分けられそのグループで実習先を回りました。このグループで半年間常に一緒に行動することになります。実習期間中は他のグループとはあまり関わる機会もなく、情報共有や相談などはグループメンバーや担当教師とすることがほとんどになっていきます。そのため、このグループ内で協力し合い意見を出し合って切磋琢磨し合えるよう協調性やグループ内の輪を乱さないことも大切です。ほとんどのグループは、この半年で苦楽を共にするため絆は深まり実習後も仲良く関係が続くことが多くあり、実習メンバーの団結力が実習を乗り切る大きな要因の一つであるといっても過言ではありません。

3年生の実習では、成人看護学・老年看護学・母性看護学・精神看護学・小児看護学・在宅看護学の実習があり、それぞれの対象患者に合った科を半年かけて回ります。母性看護学・精神看護学・小児看護学・在宅看護学は、それぞれ産科・精神科・小児科・訪問看護ステーションと実習先の科は決まっていますが、成人看護学と老年看護学では、消化器外科・耳鼻科・眼科・整形外科・脳神経外科・リウマチ内科・内分泌科など、実習グループによって実習先は様々で、その振り分けも先生がするため自分たちで選べるわけではありません。科によっては指導者が厳しいとか担当看護師が優しいだとか、病態が複雑、看護内容が多い少ない、課題が多い少ないなどがあり、どの科に実習に行くかによって生徒のモチベーションや記録に費やす時間も大きく変わってくる・・・ということもありました。

私の忘れられない実習


私の忘れられない実習は精神看護学実習での精神科へ行った実習です。ここでの実習は、患者様との関係もうまく築くことができ順調に日々を送っていました。実習では、毎朝その日の行動計画を発表します。私はたまたま2日連続同じ先輩看護師が担当になり、2日連続で同じ先輩看護師に行動計画を発表することになりました。すると、「昨日も同じような行動計画だったけど、患者様の個性って理解しているの?この記録も患者様の個性をつかんでいるとは全く思えないんだけど。ちゃんと患者様のこと見てるの?」と指摘されてしまいました。私自身はきちんとやっているつもりでしたが、先輩看護師からこのような指摘を受け、自分の行動計画や記録物の完成度に一気に自信がなくなってしまいました。

そして追い打ちをかけたのが、実習後毎日必ず行われるグループカンファレンスです。この日のカンファレンスでは私の作成した関連図という記録物について話し合いがもたれる日だったのですが、私の記録物はズタボロに批判されてしまいました。カンファレンスではメンバー一人一人が必ず意見をするようになっているのですが、一人として賛同してくれるメンバーがいなかったのです。私は完全に自信喪失になり、泣きながら家に帰りました。

その日は金曜日だったので、家に帰っても何もやる気が起きずとにかく泣いて過ごしました。翌日、『こんなんじゃだめだ!』と思い、患者様の疾患を一から勉強し直し、行動計画や関連図なども何度も何度も修正しながら事細かに記載し、土日の2日間かけて今までで一番丁寧で細かい記録物を仕上げました。翌日からの実習でも、記録物は毎日必死で書き上げ患者様のことを理解しようととにかく頑張って過ごしました。

そして実習最終日、前回指摘を受けた先輩看護師が担当になりました。緊張しながら行動計画を発表し、1日の報告を終えたところで、「先週の行動計画とは全く違うものになっていたけど、何かあった?患者様のことをきちんととらえたものになってるし、記録も見違えるほど良くなってる。先週とは全然違う。すごい成長してるのが分かる。この1週間頑張ったんだね。お疲れ様」といった言葉をかけてもらいました。

私はこの時まで、努力が報われるなんて言葉を信じていなかったけど、これは単にいままで私の努力が足らなかったからだと思い知りました。本当に心からの努力をすれば、必ず報われるということをこの時強く実感したと共に、大きく成長できた実習だったなと思うことができました。途中本当に嫌になり行くのをやめようかなとまで考えた実習でしたが、一生懸命努力をして認めてもらえることがこんなに嬉しく自信につながるのだということに気付き、その後の実習もこれを糧に頑張ることができました。

これが私の経験した忘れられない実習です。結果的に、この実習では精神的に鍛えられたと今なら思えますが、当時は本当に精神的に辛く何度も泣いた実習でした。もちろん、これ以外にも毎日の記録や事前学習など、とにかくやることが多く睡眠時間もなかなか確保できないという状況が半年続き、体力的にも本当に辛く投げ出したい半年でもありましたが、やはり一番は精神的に強くなれる期間であったと思います。

就職してからはこのようなことは日常茶飯事ですので、実習で少しでも耐性を作っていて良かったなとも思いました。臨床現場ではこれの数倍辛い現実が待っていたのですが・・。でも実習で実際の現場を目にすること、たくさんの苦難や自分と向き合いそれらを乗り越えていくことは、本当に大切なことだと思います。ここで実習グループメンバーと共に乗り越えていける人でないと看護師にはなれないと思います。実習は脚色抜きで本当に辛く厳しいものですが、辛いことを乗り越えた先に見える世界もあります。看護師になるという夢を忘れずに、その目標をしっかりと持ちつづけることが大切だと思います。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット