ひよこっこ
名前を聞いたことがあっても、違いを知らない人も多いはず!ここで確認しておこう!

一級建築士と二級建築士 〜それぞれの違いとメリット〜

建築士の資格には大きく分けて「一級建築士」と「二級建築士」があります。一級建築士になるためのステップとして二級建築士は重要ですし、二級建築士を取得していれば、住宅のような小規模な建物は設計することができます。

今回は、そんな一級建築士と二級建築士の違いやメリットについてご紹介します。

一級建築士のメリット



一級建築士のメリットは、二級建築士で設計できないような大規模な建物まで設計できる点です。一級建築士は二級建築士と違い、国土交通省が免許の交付を行い、建築物の設計を許可しています。そのため、住宅のような小規模な建築物に関わらず、体育館やドーム、学校など公共建築物も設計できるのです。二級建築士で設計が可能な住宅も含まれているので、一級建築士は多種多様な建築設計に関わることができます。

資格を取得するには?


一級建築士の受験資格は四大卒で実務経験を2年以上要する必要があります。二級建築士を取得済みの人は、3年の実務経験が必要です。短大や高専を卒業した学生は4年の実務経験が必要です。普通高校を卒業してから一級建築士の取得を目指すと、7年間の実務経験が必要になります。以上のように、一級建築士は非常に高度な知識が要求されるため、受験資格にも細かい規定があります。その分、一度資格を取得すれば、独立して事務所を構えることも可能ですし、より大きな仕事を受注することも可能になります。

さらに、一級建築士には上位資格である構造設計一級建築士と設備設計一級建築士という資格があります。これは、構造設計と設備設計という専門職の強い職能に対しては、一級建築士を取得したのち、実務経験を5年積むことで、受験資格を得ることができます。構造設計一級建築士とは、一級建築士でも、構造設計を専門に担当している設計者のことです。現在、日本の建築基準法では、大規模な建築物の設計には構造設計一級建築士が関わることを義務付けています。つまり、一級建築士を取得したのち、構造設計一級建築士を取得すれば、構造設計者として、多くの大規模建築物に関わることができるため、仕事の機会やデザイン性に優れた建築物を担当することが多くなります。次に、設備設計一級建築士とは、設備設計を専門に担当している設計者のことです。構造設計一級建築士と同様に、設備設計一級建築士を取得すれば、設備設計の専門家として大規模建築物の設計に多く関わることができるようになります。

一級建築士はさらに上位資格を目指せる資格でもあるのです。

⇒建築系の学校はコチラ!

二級建築士のメリット



二級建築士は、都道府県知事の認可を受けて建築物を設計することができます。この上位資格として一級建築士があるため、設計できる建物の規模は比較的小規模なものに限られてきます。しかし、資格取得までの実務経験年数が少ないことや、資格の難易度も一級建築士に比べれば簡単ではあります。建築系の専門学校や大学では在学中に二級建築士を取得することを目指します。また、学生にとっては一級建築士取得のための、力試しにもできます。さらに、二級建築士を取得することで、実務経験年数が4年以上あれば一級建築士の受験資格を得ることができます。

二級建築士は小規模な建築物のみ設計することが許されています。しかし、世の中には大規模な建築物よりも小規模な住宅の方が多くの割合を占めています。そういった意味では、二級建築士を取得することで、住宅設計の専門家に通じる知識を得ることができるともいえます。

さらに、二級建築士を取得することで学生にとっては就職に有利というメリットがあります。一級建築士の場合、大卒で実務経験2年以上経過しないと受験資格がありません。しかし、二級建築士の場合、四大に通う学生は在学期間中に取得が可能で、就職活動をより有利にできます。

また、二級建築士と同列の資格として木造建築士という資格が存在します。その名の通り、木造建築物を専門に設計することが可能です。二級建築士と同様に学科試験と製図試験を行う必要があります。木造建築士を取得すれば、日本に多く存在する木造住宅の専門家として活躍することができるでしょう。

⇒建築系の学校はコチラ!

建築系の学校を見てみよう!



いかがでしたか?「一級建築士」、「二級建築士」の違いやそのメリットについて理解できましたか?もっと詳しく建築士のことを知りたいなら、建築系の学校のパンフレットを取り寄せましょう。ベスト進学ネットには建築系の大学短大・専門学校がたくさん掲載されています。ほとんどの学校はパンフレットが無料なので、たくさん取り寄せて建築士の世界をのぞいてみましょう!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]専門学校向けシステム【infoClipper】
ベスト進学ネット