専門学校の入試の種類〜AO入試編〜

専門学校には、いろいろな入試の方法があります。中でも最近、多くの専門学校で行われているものに「AO入試」があります。大学・短大などの入試でも多く実施されているAO入試ですが、実際にどのような入試方法なのか分からない高校生も多いと思います。

入試を受ける際には、どの入試形態が自分に合っているのか、ということも考えなければなりません。AO入試に関する知識を身につけて、しっかりと準備をしましょう。

AO入試ってどんな入試?


「AO」は「Admissions Office=アドミッションズ・オフィス」を表します。志願者が学校の求める学生像などの受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)にふさわしいかなどを、さまざまな角度から検討し合否を判定していくシステムです。

一般的な入試方法は、一発勝負の学力テストのため本来の実力を発揮できない学生も少なくありません。さらに学力テストだけでは、志願者の個性や才能、学習意欲などを見極めることは難しいでしょう。
AO入試では書類審査や面接を行うことで、学校の方針に合い、学ぶ意欲にあふれた学生を見つけられる可能性が高くなります。

AO入試と似たものに推薦入試があります。この2つの入試方法の一番の違いは、AO入試では高校からの推薦が不要という点です。各学校によって基準が異なりますが、推薦入試の場合は高校時代に一定以上の評価平均が必要とされます。例えば、1年生のときに勉強より部活動を中心に行っていたために、希望の学校に推薦されるための評価平均が足りないというケースも出てきます。


AO入試では、こうした評価平均や高校からの推薦が不要です。そのため、希望すれば誰でも挑戦することができるのです。

AO入試で大切なのは『自己アピール』


専門学校のAO入試には、さまざまな選考スタイルがあります。一般的なものは、書類審査と面接による選考です。AO入試でもっとも大切なものは、「自己アピール」になります。例えば国際ビジネスや語学系専門学校なら、外国語による弁論大会での入賞などは大きな武器になるはずです。学外での取り組みもAO入試では重要視されますので、ボランティア活動なども積極的にアピールすると良いでしょう。

AO入試では学業と関係のないことでもアピールしていきましょう。部活動で賞を取った、高校では皆勤賞をもらえるように頑張っている、好きなことに打ち込み○○という成果があったなど、自分の頑張っていることや好きなことをアピールしていきましょう。ポイントはそれを自己アピールにつなげることなので、『私は○○をこんなに頑張った。だから私は進学しても頑張れる』という風に、筋道を立ててアピールしていくと良いでしょう。

AO入試では何よりもあなたのやる気や頑張る気持ちが大切なので、そこをアピールしていくのです。

では、実際の入試の流れをここでご紹介しておきます。多くの専門学校では、AO入試の願書受付を5〜6月に開始しています。その後、翌年1〜2月までを受付期間とし、中には募集を数回に分けて実施する専門学校もあるようです。願書の提出後は、おおまかに以下のような順序で選考が進んでいきます。

1)エントリー受付
2)10〜14日後に面接
3)約1カ月後に合否を通知

AO入試ではオープンキャンパスや体験入学への参加を義務付けるケースが多いです。レポートを提出するケースもあります。あるいは課題を出し、複数の学生間で問題解決に向けたディスカッションを実施するものもあるようです。専門学校は学生の個性や才能を見極めるため、あらゆる角度から合否を判断しています。

AO入試は志望動機が大切


学力テストの合否は、一定の得点をクリアできるかどうかというシンプルなものです。しかしAO入試では、志望動機がとても大切になってきます。専門学校は、高校生がどのような目的を持って志願しているのかを重視しています。合否の判定基準が得点化されていない分、志望動機などからその学習意欲や将来に向けたやる気などを判定していきます。

AO入試で提出する書類では「志望動機」「将来の夢」「特技」などの記入を求められることが多いです。文字数などは一概には言えませんが、400字以内が一般的です。大切なのは、短い文章の中でも自分の思いや考えをしっかり伝えられるかどうかです。自分が何やりたいのか、将来どうしていきたいのか、しっかりと自己分析をしたうえで、志望動機を記入していきましょう。

AO入試に小論文がある場合は早めの対策を


AO入試では書類選考と面接以外に小論文による試験が行われることもあります。特に看護系の専門学校などでは良く見られます。小論文の題材としては、看護系では生命や医療について、服飾系ではファッションのトレンド分析など、各専門分野に関連する内容が出題されています。

高校生には小論文を不得意とする学生も多く見られます。だからこそ進路を決めた段階で、早めに対策を講じることが肝心です。与えられたテーマに沿って自分の考えや背景などから結論を導き、言葉にまとめる作業は意外と大変な作業です。スムーズに書けるにようになるまで、多くの時間がかかるでしょう。早めに慣れておくことで文章構成などが身につき、論理的な思考力を養えます。小論文の作成になれておくことで、突然の出題にも慌てずに対応できるでしょう。


オープンキャンパスに参加しよう


専門学校のAO入試は、何も特別なものではありません。あなたのやる気やいままで頑張ってきたことをしっかりアピールする、それが一番大切なことです。もうひとつ大切なことは『なぜその学校に入学したいか』という志望動機です。その学校をよく知ることで志望動機がより明確になります。

どんな学校なのか、入学して何をしたいのか、それを明確にするためにも、オープンキャンパスに積極的に参加しましょう。気になる学校には何度も参加して、より深く学校のことを知るようにしてください。

ベスト進学ネットならオープンキャンパスの予約がカンタンです。あなたもいろいろな学校のオープンキャンパスに参加して、AO入試にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学納金管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット