進学で初めての一人暮らしをするには?

お部屋探しってどうすればいいのだろう?
実際の一人暮らしってどんな事をすればいいのだろう?

不安なことやわからないことがいろいろあると思います。このコーナーでは、大学や専門学校に進学した際に一人暮らしをしようと考えている方に知っておきたい住まい選びの知識について解説していきます。

住まいの選び方〜良い部屋を探すポイント


充実した学生生活を送る為には、周りの住環境などが良いということはとても大切ですよね。でも、遠方からの引っ越しで土地勘がなく、どんなエリアに住めば良いか分からない。間取りはどんな形がいいのか?寮・学生会館・マンション、いったいどれがいいの?など初めて実家を離れて暮らす事への不安や疑問点を少しずつ解消していきましょう。まずは、自分に合ったライフスタイルから、住まいの種類を選択してみましょう。学生寮・学生会館・賃貸マンション・アパートの特徴について簡単に説明します。

学生寮・学生会館の特徴


初めての一人暮らしでも安全・安心に暮らしやすい事が特徴の学生寮・学生会館。管理人さんが常駐しており、セキュリティ面でも安心ですし、食事もついている所も沢山あるので健康面でも安心です。何といっても友だちも同じところにいるので一人暮らしの寂しさが軽減されます。さらに寮友だちもでき、多くの人と交流をもつことができるのも特徴です。

一般的に、部屋にはあらかじめベッド・机・冷蔵庫など最低限度の備え付け家具・家電がついております。一人部屋の所もありますが、相部屋の所もあります。風呂・トイレ・食堂・洗濯スペースなどは協同スペースとなっている所がほとんどです。また、共同生活を送る建物ということで、門限がある所も少なくありません。

学生寮と学生会館の違いは、学生寮は学校運営がほとんどで、入居者は同じ学校の学生しかいません。それに対して学生会館は、企業が運営管理を行っており、さまざまな学校の学生が住んでいるのが特徴です。場所も学生寮は学校の敷地内や近所にある事がほとんどですが、学生会館は場所もさまざまなので、通っている学校からの距離・家賃などを考慮し、自分で物件を選択することが必要です。また、一般物件とは違うので、物件数も少なく、条件の良いところは早めに下宿先を決めなければならないという点があります。

現在は学校で学生寮運営をしている所はあまり多くありません。学生会館を「学校指定の寮」として提携を組んでいる所が多いです。寮生活を考えている方は進学先の学校に問い合わせ、物件の詳細を聞いたり、実際に見学したりすると良いでしょう。学校によっては「寮奨学生」といって試験・面接などの選考に通れば、寮費用の一部が免除されることも!

新しく一人暮らしを始めるけど、生活面でのサポートがほしい、「離れて暮らす子どもが心配」と考えている保護者の方にも学生寮・学生会館は安心ですね。

賃貸物件〜アパート・マンションの特徴


賃貸物件の種類には、不動産会社で探す「一般賃貸物件」、学生のみが住める「学生マンション」があります。前者の物件は物件数が豊富にあるため、希望地域、広さ、間取りなどにこだわって選ぶことができるのが特徴です。後者は、学生が暮らしやすいような間取りや設備に建てられているのが特徴で、セキュリティ面も充実しているところが多いです。また、入居者のみが集まるイベントなどを開催している所もあります。学校と提携を組んでいる不動産会社がある場合は、特別優遇を受けることが出来る物件も。

賃貸物件の場合、学生寮・学生会館とは違い、完全に一人で家事全般を行わなければならないし、時間の管理・防犯面の管理・体調管理等も自分で行わなければなりません。しかし、自分の時間を多くとる事ができたり、何でも自分でこなしたりすることにより、生活していく上で必要な社会人としての能力も身につくでしょう。親の宿泊も自由にできるので、気になる子どもの様子をときどき見に行けるなどの利点もあります。

部屋探しは、遠方からの引越しの場合、短時間で物件を決めなければならないことがほとんどです。物件が多くある場合、短時間でひとつに決めるのは難しい事なので、あらかじめ「自分がどんな部屋にすみたいのか」を考え、間取り・立地・広さなどの理想をリストアップしてみましょう。そしてウェブサイトや情報誌で学校周辺の情報や物件情報などを集めておくと良いでしょう。

物件探し以外のポイント


上記で紹介した住まいの種類の他にも、少数派ですがシェアハウスや親戚等のお宅に下宿するという手段もあります。いずれにせよ、物件を決める際には物件の下見や周辺の環境も確認しておきましょう。都会の場合、夜になると雰囲気がまるで変ってしまう街もありますし、逆に地方の場合、夜には真っ暗になってしまうところもあるでしょう。家賃が安いからと学校から遠い物件を選んだら、かえって定期代が高くついたなんてこともありえます。コンビニや定食屋さん、スーパーなどは近くにあると便利ですよ。間取りだけでなく、日当たりや階数、収納、設備の有無などについてもしっかり確認しておきましょう。物件探しはすべてが理想通りというのは難しいもの。自分にとって何が必要で、何が妥協できるのか、費用やその他の条件をトータルして考えてみましょう。

ここまでは、物件探しを中心にお話してきましたが、やはり一人暮らしに大切なのは自分の行動に責任を持ち、しっかりと行動するということではないでしょうか。学校生活は、実習が多い学校ではとても体力を使いますし、朝から夕方までみっちり授業があるところもあります。家でも課題をしたり、検定・資格試験を受けたりなど学校生活はハードになりがちです。また、学費や生活費の足しにとアルバイトを行うことが必要な場合、さらに時間や体力を使い、ますます自分の時間も少なくなり、勉強や生活の負担が大きくなってしまうことも。

こういった事も考慮し、自分のライフスタイルにあった住まいを探す必要があります。
新生活をおくるにあたって、健康でかつ安全・安心な生活を送る為に自分はどの様な住居に住み、どんな行動をすれば良いか、離れている家族とどうコミュニケーションをとっていけば良いのか考え、家を離れる前に詳しく家族と話し合う事が大切です。

進学を希望する学校では物件探しの相談もできます


一人暮らしをする必要がある場合は、志望する学校のオープンキャンパスや個別相談会に参加した際に、住まいに関する相談をすると良いでしょう。物件に関することだけでなく、周辺環境や通学のしやすさ、学生生活のことまでいろいろと相談ができます。まずはどんな学校がどんな場所にあり、どんな寮や学生会館を利用できるかを調べてみましょう。気になる学校のパンフレットには、そういった情報も掲載されていますので、しっかり確認しておきましょう。ほとんどの学校のパンフレットは無料ですから、気軽に資料請求をしてみましょう。

進路に関する情報だけでなく、生活に必要な情報もしっかりと収集して、安全安心で充実した一人暮らしができるようにしていきたいですね。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]出欠管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット