ひよこっこ
「中卒だから」って進学をあきらめないで!入学できる専門学校があるんです!

中卒でも専門学校に入学できる!高等専修学校(専修学校高等課程)について知ろう

専門学校で学ぶことができるのは、高卒以上の方々だけではありません。中学校卒業者を対象にした「高等専修学校(専修学校高等課程)」が全国に約500校あり、4万人近くの学生が学んでいます。中でも多いのが、調理師、理容・美容、自動車整備、准看護師、服飾関連について学べる学校です。3年制の高等専修学校(専修学校高等課程)では、所定の単位を取得することで高校卒業と同じ資格を付与されます。就職を目指す能力を養う一方、大学進学を目指すことも可能です。ここでは、中卒だけど専門学校に進学したい方にぴったりの、高等専修学校(専修学校高等課程)についてご紹介します。

高等専修学校(専修学校高等課程)とは?



高等専修学校(専修学校高等課程)は、1976年1月に学校教育法124条に定められた「学校」です。その目的は「職業もしくは、実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ること」とされています。授業数や有資格の教職員数、設備などの一定の基準を満たした場合、都道府県知事の許可を受けて設置される教育機関です。全国で440校ほどあり、さまざまな分野の学校があります。

高等専修学校(専修学校高等課程)で注目すべき点は、社会へ向けた実践教育を受けながら、3年制で所定の基準を満たせば高卒資格が得られることです。もちろん大学への進学も可能で、就職する場合も高卒者と同等の扱いになります。高校中退者や中卒で社会に出た人にとって、再度の勉学機会にもなります。以下が、認可されている高等専門学校の8分野です。

認可されている高等専門学校の分野
1.工業(自動車整備など)
2.農業
3.医療(准看護師養成)
4.衛生(理容・美容)
5.教育・社会福祉(介護士)
6.商業実務(簿記など)
7.服飾
8.文化・教養(公務員試験対策など)

入学試験は「面接」「作文」「書類選考」が中心です。学力でふるいにかけるより、本人の勉強に対するやる気などを総合的に判断しています。入試のハードルは、決して高いというわけではありません。

取得できる資格は?


高等専修学校(専修学校高等課程)では、さまざまな国家資格を取得できます。3年制の高等専修学校(専修学校高等課程)では多くが通信制高校と提携しています。そのため、所定の条件を満たせば高卒の資格を取得可能です。この他にも、取得可能な資格があります。

資格取得を視野に入れておけば、就職時にも役立ちます。もし大学進学を希望していても、受験がスムーズにいかなかった際には、資格を活かして就職へ切り替えることもできます。就職と進学に関して、高等専修学校(専修学校高等課程)はどちらでも対応することができます。以下は、実際に高等専修学校(専修学校高等課程)で取得可能な資格となります。

卒業と同時に得られる国家資格
・調理師(衛生分野)
卒業と同時に得られる国家資格などの受験資格
・自動車整備士3級(工業分野)
・准看護師(医療分野)
・製菓衛生師(衛生分野)
・理容師・美容師(衛生分野)

この他に、簿記資格や公務員試験に特化した内容の高等専修学校(専修学校高等課程)もあります。試験の一部科目が免除されるケースも多く、さまざまな利点があるでしょう。進学する際には、自分の進路に必要な資格取得をプランニングしながら決めることが効果的です。

例えば理容師・美容師などは、関連の高等専修学校(専修学校高等課程)を卒業すると受験資格が得られます。高校を卒業してから専門学校に通って受験資格を得るよりも早く受験資格を得ることができます。専門学校卒よりも若い高等専修学校(専修学校高等課程)の卒業生は、理容師・美容師や調理師など、手に職をつけられるような仕事に適していると言えます。すでに将来を見据えて進学を考えているのであれば、高等専修学校(専修学校高等課程)は1つの選択肢となるはずです。

あなたにぴったりな学校を見つけよう!



いかがでしたか?高等専修学校(専修学校高等課程)は、高校を中退した人や中卒で社会に出た人、これから中学を卒業する人にもいろいろな可能性を提供してくれます。もしあなたが中学卒業してもっと勉強したい、できるだけ早く手に職をつけて働きたいと思うならば、高等専修学校(専修学校高等課程)をご検討ください。
ベスト進学ネットには、さまざまな専門学校が掲載されています。まずは気になる学校のパンフレットを請求して、あなたにぴったりな学校を見つけてください。
⇒高等専修学校(専修学校高等課程)はコチラ!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット