通信制専門学校のメリット・デメリットとは

専門学校に通いたくても、様々な事情で通えず悩んでいる方はいらっしゃいませんか?そんなあなたは、通信制専門学校を選択してみてはいかがでしょうか。

通常の専門学校と同様の学習を行えますし、資格の取得ももちろん可能です。毎日学校に通うのが難しい場合は、通信制専門学校がおすすめです。しっかりと勉強をすれば、就職を有利にしたり、キャリアアップを目指せます。

ここではそんな通信制専門学校には、いったいどんなメリットとデメリットがあるのか。また、そもそも通信制専門学校とはどのような制度なのかをご紹介しましょう。

通信制専門学校とは


通常の専門学校では、決められた時間に学校へ通い授業を受けます。しかし、通信制専門学校は、課題が送られて来ますのでほぼ学校へ通うことはありません。空いている時間に勉強をして、課題のレポートを提出することで学習します。

そのため、自分で勉強のスケジュールを決めて行動する必要があります。2年で取得できる資格でも、スケジュール管理をしっかり行わなければ3年、4年掛かっても取得できないこともあるでしょう。
その反面、自主的に勉強して行動できる人は、アルバイトなどで働きながら学ぶことができるので便利です。通信制の専門学校を利用して、資格を取得してみましょう。

通信制専門学校のメリット


通信制専門学校のメリットは、時間を自由に使える所にあります。たとえば昼間はアルバイトなどをして夜に勉強するなど、あなたに合ったスタイルで勉強することができます。もちろん、昼間に時間があれば勉強しても良いですし、疲れているなら翌日にずらすこともできます。気持ちが乗っているなら、1日全てを勉強に費やすのも良いでしょう。このように自分の好きなように時間を使えるため、プライベートを優先することも可能です。

学費が通常の専門学校に比べてかなり安いのもメリットです。高くても3分の1程度の学費で学ぶことができます。家庭の事情で学費が気になる方は、通信制専門学校を選択するのも1つの方法です。もちろん就職するという選択肢もありますが、何かしらの資格を取得してから就職する方が、就職活動を有利に進めることができるでしょう。

通信制専門学校のデメリット


通信制専門学校のデメリットには、すべてにおいて自主性を求められることが挙げられます。
一般的な専門学校なら、勉強しなければ講師が注意してくれるでしょう。しかし、通信制専門学校は講師が近くにいないため、自ら進んで勉強をする必要があります。自分に厳しくできる人でなければ、資格取得までに何年も時間をかけてしまうかもしれません。

また、通信制専門学校の場合は、学校へ登校する回数が極端に少なるなるため、同じ学科やコースに入学した人と友達になるきっかけが少なくなってしまいます。これもデメリットとして挙げられるかもしれません。

美容師や調理師の資格を通信制専門学校で得ると、どうしても実技が不足してしまいます。これを解消するには、アルバイトで美容院やレストランなどを選び、プロの仕事を間近で見ることがおすすめです。そうすれば、通信制専門学校のデメリットである経験不足を解消できるでしょう。

メリットとデメリットを良く踏まえたうえで通信制専門学校を検討しましょう。

通信制専門学校の就職について


通信制専門学校は、資格取得や卒業までの時間が一般的な専門学校よりも長くなってしまいます。そのため、就職が遅れると心配している方もいるかもしれません。

ですが、通信制専門学校だからと言って制限を受ける職業はほぼありません。技術や資格があれば、それに応じた職業に就職することができます。
学費を稼ぎながら通信制専門学校で資格を取得すれば、その努力はむしろ高評価を得られるはずです。

また、通信制専門学校であろうと、技術や知識、資格を取得すれば就職活動を有利にしたり、キャリアアップも目指せるでしょう。自分を律しながら自分の目標に向けて一歩踏み出してみましょう。

下記から通信制専門学校を探してみましょう。あなたにぴったりの学校が、きっと見つかるはずです。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット