ひよこっこ
リハビリの専門職「作業療法士」について詳しく知ろう!

作業療法士とは?〜仕事内容と活躍の場〜

みなさんは「作業療法士」がどんな仕事をするのか知っていますか?リハビリの専門職の作業療法士は、怪我や病気などで日常生活の動作が不自由になった人のリハビリを行うお仕事です。より患者さんの生活に密接したリハビリを行うことができるので、リハビリ業界に興味のある方におすすめの職業のひとつです。ここでは、「作業療法士」がどんな仕事なのか、仕事内容や活躍の場を紹介します。

作業療法士の特徴



作業療法士の特徴は、道具を扱った「作業」によるリハビリテーションを行うことです。

例えば、積み木を積み上げるリハビリがあります。積み木を積み上げる動作一つとっても、指や肩や腕など、様々な上半身の筋肉が動いているのです。この何気ない動作を訓練することで、患者さんの身体機能の回復や維持を図っていきます。

しかし、こうしたリハビリを行うには医療の知識と資格が必要です。そのため作業療法士は国家資格であり、厚生労働省の認可の大学や専門学校など卒業しなければ取得することができません。

⇒作業療法士を目指せる学校はコチラ!

作業療法士の仕事内容



作業療法士はどんな仕事をするのでしょうか。上記でも紹介した通り、作業療法士は医師の指示のもとで「作業」を中心としたリハビリを患者さんに施すことができます。それにより病気や事故で身体機能もしくは精神機能に何らかのハンディキャップを負った人の回復を支援することができます。

直接患者さんに関わるだけに、責任も生じますが、その分人から感謝されることも多い仕事です。

さきほどは積み木を例にあげましたが、他にも手芸や園芸、食事や入浴など、生活に密着した動作をリハビリすることが作業療法士の仕事になります。

⇒作業療法士を目指せる学校はコチラ!

作業療法士の活躍の場



作業療法士が活躍する場所は、
・病院のリハビリテーション科
・介護老人保険施設
・訪問リハビリの事業所

などが中心です。

リハビリに関する業務内容としては、運動指導や、園芸、農耕、手芸、木工など様々な作業療法の実施がメインとなります。また現場によっては運動機能の回復を目指した手技が求められる場合もあるので、習得すべき業務スキルは幅広いと言えるでしょう。そして精神科領域に進めば、精神機能の回復に作業療法を実施していくので、作業療法士としての専門性をより発揮することができます。このように何らかのハンディキャップを持った人達と関わっていくので、決して生易しい仕事ではありません。ですが患者さんの自立支援や社会復帰に興味がある方は、やりがいを感じられる仕事だと言えるでしょう。

ベスト進学ネットには作業療法士の学校がたくさん掲載されています。下記から気になる学校のパンフレットを取り寄せるともっと作業療法士のことがわかりますよ。作業療法士の仕事を体験して理解を深めるためにもオープンキャンパスに参加してみましょう。ベスト進学ネットならオープンキャンパスの予約もカンタンです!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学納金管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット