理学療法士になるには?理学療法士が活躍するフィールドについて

事故やけが、手術などで失われた機能の回復や維持、障害の悪化の予防を目的とした支援をする医学的リハビリテーションの専門家が「理学療法士」です。このコーナーでは、理学療法士について解説していきます。

国家資格の理学療法士


国家試験に合格することにより理学療法士の国家資格を取得することができます。理学療法士の国家試験を受けるためには、文部科学省または厚生労働大臣が指定した理学療法士養成課程をもつ養成校で、理学療法士になるために必要な知識や技能を修得して卒業し、国家試験の受験資格が得る必要があります。大学や短大、専門学校などの養成校で3年以上(夜間学科もあり)学ぶ必要があります。

理学療法士の国家試験の科目には、筆記試験と口述試験及び実技試験があり、筆記試験は一般問題<解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法と、実地問題<運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法>に分かれています。

理学療法士に必要な知識って?


体に関する構造について深く学び、対象となる人に合ったリハビリの内容を組み立てていく知識が必要となります。また、対象者の方やその周囲のサポートする人と密にコミュニケーションをとる能力も磨かなければなりません。こうした知識や技術を養成校で習得していきます。本や理論的な知識だけでは不十分ですので、理学療法士の学校では多くの実習をこなして現場で活躍するための経験やスキルを身につけます。

キャリアアップ


日本理学療法士協会では、さらに質の高い理学療法を提供するために、生涯学習の一環として、理学療法士から認定理学療法士、専門理学療法士へといった、さらなるキャリアアップができる制度を設けています。自らの専門性を高めて、良質なサービスを提供できる臨床能力を習得し、理学療法の学術的発展のために研究能力を高めていくことを目的としています。

人生を幅広くサポートする理学療法士


赤ちゃんの発達支援に始まり、就学支援や健康づくり、就労支援や生活習慣病予防、介護予防や自立支援など、人生のさまざまな場面でサポートができるように理学療法士は幅広く活躍しています。高齢者の健康増進、メタボリックシンドロームの予防をはじめとする生活習慣病の予防、在宅ケアなどによる寝たきり予防などにも大きな期待が寄せられています。

理学療法士についてのまとめ


理学療法士は病院でのリハビリ業務だけでなく、スポーツ業界でのトレーナーとしての活躍や高齢社会の中で介護予防や健康増進など、理学療法士が活躍するフィールドは幅広く期待される分野は広がっています。対象者の方の人生と出会い、理学療法を通して前向きな生活に向けてサポートできることや、その関わりを通じて心身の変化を一緒に感じられることが理学療法士としてのやりがいにつながります。

働きながら夜間に通学することも可能な学校もあるので、作業療法士と両方の資格を持ち、非常に高い専門性を深めている人もいます。自分のなりたい理学療法士像を描きやすく、キャリアアップの目標のために動きやすい環境が整っているともいえますね。

いかがでしたか?理学療法士は将来性のある国家資格と言えます。理学療法士のことをもっと詳しく知るには、理学療法士の学校のパンフレットを見てみましょう。理学療法士のことがよくわかりますよ。ベスト進学ネットには理学療法士の学校がたくさん掲載されています。パンフレットは無料で取り寄せできる学校がほとんどですので、さっそくパンフレットを取り寄せて理学療法士の世界をのぞいてみませんか?
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット