作業療法士の仕事の醍醐味とは?

作業療法士といえば、リハビリ専門職の花形である理学療法士よりも印象が薄いと感じられているかもしれませんが、実は作業療法士も理学療法士と同様に非常に奥深い仕事なのです。そこで今回はリハビリ業界に関心があるみなさんの為に、作業療法士の仕事の醍醐味についてお伝えしていきます。

作業療法士のやりがいとは


作業療法士といえばどのようなイメージをお持ちでしょうか。作業療法士を知っているという人でも、園芸や書道、積み木、輪投げなど作業を用いたリハビリを行っているといったイメージだと思われます。もちろんこのような作業を用いたリハビリは作業療法士ならではですが、より専門性を発揮できる環境が精神科領域です。心の病に関する記事が新聞や雑誌等メディアでも報道されるように、こういった問題は増加しています。それと比例して精神科への通院や入院を必要とする方も増えてきているのです。基本的に精神科では投薬治療が行われていますが、作業療法を中心としたリハビリを取り入れている病院もたくさんあるのです。身体障害をメインに取り扱うリハビリ施設では、どうしても理学療法士の専門性の方が強くなります。しかしながら精神科での活躍となると、作業療法士がその専門性を発揮して患者さんのQOL(生活の質)向上を目指した支援ができるのです。そういった意味で作業という日常生活に直結する身体の動作を意識したリハビリを指導いくことになります。それは大変さがある反面、患者さんが社会復帰できた時は、やりがいを実感できる場合が多いのです。

作業療法士の大変なところ


このように、作業療法士の仕事というのは、基本的に人から感謝されることも多くまたやりがいも実感しやすいのですが、そればかりではありません。人と人が関わっていくことになるので、接客業にも似た対応も必要です。言葉使いや表情に気を配らなければならないだけでなく、患者さんの心理状態を常に洞察して配慮するなど、サービス業としての側面もあるのです。そして患者さんの中にはさまざまな価値観を持っている方もいれば、怒りっぽい方もいます。そういった方々とも真っ向から向き合って、リハビリしていかなければならないのです。そういった意味では作業療法士としての仕事は、高いコミュニケーション能力が求められる職種とも言えるでしょう。

作業療法士の醍醐味


さてそれではここからは具体的に作業療法士の仕事の醍醐味についてお伝えしていきますが、それは患者さんから感謝されることです。これはリハビリ専門職に限らず、医師や看護師とも共通するところかもしれませんが、患者さんからの感謝の言葉は何よりもの励みになります。例えば、仕事が上手くいかなくて落ち込んでいたとしも患者さんの何気ない一言で勇気づけられることはたくさんあります。このように患者さんから直接感謝されることは、作業療法士の醍醐味の一つなのです。人の役に立っている、感謝されているということが実感できる職種なのです。作業療法士のようにセラピストと患者さんの関係であったとしても、人と対面する機会が多ければ、それだけ感謝されることが多く、人に役立っている実感が得やすくなります。リハビリが上手くいけば、病気や事故で機能的にハンディキャップを負った人でも、社会復帰へと導くことができます。だから作業療法士という職業は、感謝される機会が多く、同時に社会貢献への実感が得られやすいのです。

学べば学ぶ程、スペシャリストを目指していける


作業療法士の仕事は非常に奥深く、学校を卒業して国家資格を取得してからも学び続けなければなりません。何故なら医学は常に発展進歩しているからです。だから作業療法士になるということは、一生かけて、スキルアップしていく、専門性を磨いていくと考えておいた方がいいでしょう。就職する段階になると、精神科領域に進むのか、それとも身体障害の領域に進むのか、このどちらを選択するかで作業療法士としてのキャリアが変わっていくと認識しておきましょう。

ここまで、作業療法士の仕事の醍醐味についてお伝えしましたが、いかがでしたか。作業療法士は、手先を使った作業でリハビリを行う為、細かい配慮や指導が求められる仕事でもあります。男女比は女性が多くなりがちですが、最近は男性の作業療法士も決して少なくはありません。作業療法士は性別を問わず学び続ける必要がある職業なので、勉強をしつづけることでよりスキルアップしつづけることができます。大変な面もありますが、その分やりがいのある仕事なのです。

ベスト進学ネットには作業療法士の学校がたくさん掲載されています。気になる学校には資料請求するともっと作業療法士のことがわかりますよ。パンフレットを取り寄せて、作業療法士への第一歩を踏み出してみましょう!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット