ひよこっこ
国家資格を詳しく知って、より良い進路選びをしよう!

専門学校を卒業すると受験できる国家資格とは?

専門学校は、国家資格を取るための「登竜門」です。国家資格にはさまざまな種類があります。中には専門学校で勉強しながら単位を取得することが受験資格の条件になる国家資格もあります。大学と比べて専門学校の良さは、資格に関係する勉強を中心に学ぶことができるため、最短で国家資格を取得する(受験資格を満たす)ことができる点です。

ここでは、専門学校を卒業するだけで取得できる(受験資格を満たす)国家資格についてご紹介します。

卒業するだけで取得できる国家資格



専門学校を卒業するだけで取得できる国家資格があります。試験を受ける必要がなく、授業を理解して単位を取得するだけで良いのです。これらの資格をベースにして、さらに上位資格取得へのステップにすることもできます。

専門学校を卒業するだけで取得できる主な国家資格


調理師(修業年限1年以上)
栄養士(修業年限2年以上)
保育士(修業年限2年以上)
幼稚園教諭2種(修業年限2年以上)
測量士補(修業年限1年以上)

卒業するだけで取得できるだけでなく、他にも有利な点があります。例えば測量士補の資格取得者は、登記が必要な測量を行う土地家屋調査士試験が一部免除。さらに調理師免許があれば、飲食店の開業に必要な食品衛生責任者(都道府県条例)の養成講習を受ける必要がありません。

しかし、福祉系の国家資格で人気のある「介護福祉士」は、専門学校卒業などによる国家試験の免除が2016年度から廃止されます。これまでは専門学校・短大・大学などの養成機関で一定の単位を取得するだけで、資格を取得できました。しかし今後、介護福祉士の資格取得を目指している方々は注意が必要です。
介護福祉士に関する詳しい情報はベスト進学ネットの介護福祉士特集ページをご覧ください。

卒業すると受験ができる国家資格



専門学校を卒業すると国家試験の受験資格が取得できる国家資格があります。在学中や卒業後に国家試験を受ける必要がありますが、授業をしっかり理解して単位を取得すれば合格も夢ではありません。これらの資格をベースにして、さらに上位資格取得へのステップにすることもできます。

卒業すると国家試験の受験資格が取得できる国家資格


専門学校を卒業すると国家試験の受験資格が取得できる国家資格はたくさんありますので、ここではいくつかの例をあげています。
自動車整備士2級(修業年限2年以上)
看護師(修業年限3年以上)
歯科衛生士(修業年限3年以上)
美容師(修業年限2年以上)
柔道整復師(修業年限3年以上)

資格を得るメリット


医療系の国家資格は、そもそも資格を取得しないと働くことができないケースがほとんどです。例えば看護師資格を持たずに看護的な業務を行う場合、多くは看護助手という名称になります。仕事内容は後方支援的なものにとどまり、配膳の手伝いや器具類の洗浄などがメインとなります。当然、収入面も看護師免許保持者に比べて大幅に安くなります。歯科衛生士に対しても歯科助手という位置づけの職務があり、看護助手と同じような仕事内容です。このような違いは法律で決められていて、国家資格を持たない者は職務の範囲が限られます。国家資格を保持することで、法律的に認められるだけでなく、職務の幅が大きく広がるわけです。

もちろん、資格がなくても勤務できる職場は数多くあります。ただ資格は、キャリアアップするために必要なものになります。大卒が多い職場では、業務と関連する国家資格があれば待遇・昇進にそれほど差がつかなくなります。また場合によっては、出産・育児で退職するケース、あるいは配偶者の転勤で居住地を転々とすることもあるはずです。この場合も、国家資格があれば仕事探しに有利になります。例えば看護師であれば、病院や福祉施設など働く場所が多数あり、求人も足りていない状況なので、転職や復職がしやすいのです。

専門学校卒の国家試験合格率は?



専門学校の国家試験の合格率は、資格によってさまざまです。例として、医療系で2014年度に行われた国家試験の合格率は下記のような状況です。

【臨床検査技師】
合格率82.1%
専門学校卒80.0%、大卒87.3%(臨床検査専門学部)
【診療放射線技師】
合格率73.8%
専門学校卒68.6%、大卒76.6%
【理学療法士】
合格率82.7%
専門学校卒79.4%、大卒88.0%

こうして見ると、専門学校と比較して、大学の合格率の方が上回っていることが分かります。しかし、専門学校の方が劣っていると一概には言えません。「臨床検査技師」「診療放射線技師」「理学療法士」も多くの専門学校の就学期間は3年で、大学よりも1年短いケースが多いからです。さらに専門学校・大学を問わず、各校によって合格率は大きく異なります。肝心なのは、合格実績の高い学校を選ぶこと。例えば受験者数が1〜2人で合格率100%といわれても、データとしては不完全です。パーセンテージではなく、必ず実数も確認する必要があるのです。国家試験を目指すなら、一定の数の受験者がいて、かつ過去数年分のデータをパンフレットで公開しているような専門学校を選ぶと安心です。

将来の自分の目標にとって必要な資格を中心に進学先を考えることは非常に大切です。ベスト進学ネットでは、目指す資格ごとでの学校の絞込みもカンタンにできます。自分の目指す資格、必要な資格の定まっている方はこの機会にぜひ学校を調べてみましょう。各学校の合格実績など詳しい情報はパンフレットを取り寄せてご確認ください。ベスト進学ネットならパンフレットの請求がとってもカンタンですよ!

⇒専門学校への資料請求はコチラ!

このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]出欠管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット