歯科技工士とは?〜歯科技工士の基礎知識〜

みなさんも一度は歯医者さんに行ったことがあると思います。歯医者さんでは歯科医師が歯を見たり、虫歯を削ったり、場合によっては抜いたりします。また、歯科衛生士が歯のクリーニングやメインテナンス、歯磨き指導などを行います。では歯科技工士はどのような仕事をするのでしょうか?

歯科技工士は簡単にいうと歯を作る仕事です


歯科技工士の仕事とは、歯科医師が削ったり抜いた歯を補う『補綴物(ほてつぶつ)』といわれる詰め物や被せ物、入れ歯などを製作することです。歯科技工士は歯医者さんの診療場所に出てくることが少ないので、歯科医師がこうした補綴物を製作していると思われがちではありますが、実は国家資格を有した歯科技工士が製作していることが多いのです。

歯科技工士はどのようなものを作るの?


先ほども紹介しましたが、削ったり失ったりした歯の部位を復元させるために詰め物や被せ物、入れ歯をメインに製作をします。また、歯科矯正治療で使用する装置や夜寝るときに歯ぎしりを予防するためのナイトガード、スポーツの時や近年話題になっている睡眠時無呼吸症候群の方が睡眠時に使用するマウスピースなど、口の中に関係する多くのものを製作しています。それだけでなくインプラント(人工歯根)治療など高度な歯科治療の上部構造という人工の歯も製作します。
製作に使用する材料としては、金属、プラスチック、セラミック、シリコンなど用途に合った様々なものを使用します。口の中に入れるものなので安心で安全なものを使用しなければなりません。

また、近年材料だけでなく機材の開発も進み、簡単なものは歯科技工士の手ではなく機械が歯を作ってくれます。歯を作るというと手先が器用でなければならないというイメージがありますが、今の時代はパソコンが使えれば歯を作ることができる時代になってきていますので、歯科技工士になるための窓口は大きく広がったのではないかと思います。

どのようなところで働いているの?歯科技工士の働く場所


現在、歯科技工士は人材不足の傾向にあるため就職には非常に有利な状況となっています。就職先は大半が歯科技工所という歯科補綴物製作専門の会社です。個人で1人〜数名で経営しているところもあれば、法人化して何十人何百人と従業員のいる大きなところもあります。また、だんだん少なくなってきてはいますが、歯科医院内に歯科技工所を併設しているところもあるので、比率は低いですが歯科医院も就職先になります。そして、ごく少数ではありますが歯科機材・材料メーカーに就職して営業や開発、インストラクターを兼任する方もいます。

卒業後ほとんどは上記のような場所に就職をします。職場の環境と言えば、昔は残念ながらお世辞にも良いとは言えませんでした。すべての就職先がそうとは言えませんが、低賃金・長時間労働を強いられていた時代もありました。しかし、近年材料や機材の開発が進み、作業時間の短縮や生産性の向上により職場環境は改善されています。また、大きな歯科技工所は完全分業制になっていることが多く、生産性がとてもよいので恵まれた職場環境の会社が多いです。

独立開業を目指すこともできます。手先の器用さや技術を全面に出し、歯科医院との信頼関係を構築し、自分のブランドを作ることができれば高額な収入に繋げることも可能です。

女性の歯科技工士も働きやすい職場が増えてきました


昔は低賃金・長時間労働を強いられることが多かったですが、近年は職場環境の改善により女性も働きやすくなってきました。機材の進歩によりパソコンなどの機械を使用して歯を製作できたり、一度に大量に生産することが可能になったので、手が汚れたりすることも少なくなりましたし、作業時間も劇的に短縮され長時間働くことが少なくなりました。

また、専門の技術職なため歯科技工士免許を持っていない人は働くことが難しいので、子育てで一度職を離れた人でも再度就職することができたり、パートタイムで雇ってもらえることが多いです。特に歯科医院は女性が多い職場なので、女性の歯科技工士は重宝されると思います。歯を作る技術に加えて歯科に関する知識も持ち合わせているので、女性の歯科技工士ならば歯科助手としても働くことができます。

患者さんの健康のために


補綴物を製作するということは、それがないと患者さんがとても困るということです。歯が無いと食事をすることができません。人前で話したり笑ったりすることも気になってしまうでしょう。そのようなことで困っている人の手助けができます。そして、歯が悪い人は何らかのコンプレックスを持っていることが多いです。歯が無いだけでなく色や形、歯並びが悪かったりするとどうしても人前で歯を見せたくないでしょう。その歯に不満がある人に綺麗な補綴物を提供してあげるだけで笑顔を取り戻せることだってあります。また、良い咬み合わせを与えることで健康促進にも繋がります。

人は、食べて笑って話すことが何よりの健康法です。人の体の健康は口から。歯科技工士はその患者さんが健康になる手助けを、歯科医師、歯科衛生士と共に提供することができます。

ベスト進学ネットは技工士学校が満載


ベスト進学ネットは技工士学校が多く掲載されています。気になる学校にはまずは資料請求してみてください。学校の詳しいパンフレットが届きますよ。

みなさんもぜひベスト進学ネットを活用して歯科技工士の学校を調べてみよう!
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
ベスト進学ネット