歯科衛生士とは?〜歯科衛生士の基礎知識〜

歯科衛生士と聞いてみなさんは具体的にどのような仕事をする人だと思いますか?歯医者さんで働いている人ということは分かるかもしれませんが、具体的に何をしているのかあまり知られていないかもしれません。

歯医者さんで働く歯科衛生士とは?


みなさんも行ったことがある歯医者さんは歯科医院と言います。歯科医院にはいろいろな人が働いています。虫歯や歯周病、入れ歯の治療をする歯科医師、銀歯や入れ歯などを作る歯科技工士、受付やその他のお仕事をする歯科助手、そして歯科衛生士がいます。わかりづらいのが歯科助手と歯科衛生士の違いです。簡単にいうと患者さんのお口の中を触っていいのが歯科衛生士、触ってはいけないのが歯科助手です。

口の中を触って良い⇒歯科衛生士
口の中を触ってはいけない⇒歯科助手

歯科助手の資格は民間が認定する資格であり、特に資格がなくても歯科助手として働くことができます。一方、歯科衛生士は厚生労働省が認めた国家資格ですので、歯科衛生士の資格を持っていないと歯科衛生士として働くことができません。

国家資格ですので歯科衛生士の大学や専門学校で3年以上勉強し、歯科衛生士の国家試験に合格しなければいけません。国家試験といわれるととても難しそうに感じるかもしれませんが、合格率は例年90%を超えているので、学校の授業をきちんと聞いていれば特別難しいということはありません。

歯科衛生士の仕事について


では歯科衛生士とはどのような仕事なのでしょう。大きく分けると三つに分かれます。
@歯科診療補助
A歯科予防処置
B歯科保健指導
です。

@歯科診療補助


患者さんを誘導したり、歯科医師の治療時に器具器材を用意して渡したり、患者さんのだ液を吸ったり、ムニュッとした材料で型取りをしたり、患者さんの緊張をほぐすために声掛けしたりなど、歯科医師がスムーズにお仕事ができるように診療の補助をしていきます。

A歯科予防処置


歯医者さんに行ったときに「歯石をとりましょうね!」とか「クリーニングしましょうね!」と言われてお掃除したことはありますか?実はお口の中には菌がいっぱい!毎日歯ブラシをしているのは食べカスを取るためというのもありますが、お口の中の溜まった菌を取り除くことがとても大切です。

菌はとても小さいので、毎日きれいに歯ブラシしているつもりでもどうしても菌が磨き残されてしまうことが多いです。そして毎日磨き残された菌が集まって虫歯や歯周病など悪さをしだします。その原因になる菌を器具で取り除き磨いていきます。虫歯や歯周病になる前に、しっかりと歯を清潔にして予防することがとても大切なのです。お掃除をしてツルツルになった歯をみるときれいでとてもやりがいを感じます。

B歯科保健指導


クリーニングで菌を取り除いて歯をツルツルにすれば虫歯も歯周病もならないかというとそういうわけではありません。一番大切なのは毎日自分で行っている歯磨きです。歯は平らでなく少し丸みを帯びています。

お部屋のお掃除をするときもそうですが、お部屋の角はしっかり壁に沿ってお掃除をしないと汚れが取れません。歯も同じように丸みを帯びているところにしっかりと歯ブラシの毛先が入っていないと菌や食べカスは取り除けません。日本ではまだあまり浸透していないかもしれませんが、外国ではデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使用している人が多いです。

菌は磨き残されると視覚的には乳白色になってきます。歯も同じような色をしているので気づきにくいのです。みんな同じように歯ブラシで歯を磨いていますが、人にはそれぞれ磨き方の癖があり、無意識に行っていることが多いので同じところばかり磨いて同じところばかり磨き残されやすいです。狭いお口の中で丸みを帯びた歯をチェックするのは自分ではとても難しく、歯医者さんや歯科衛生士さんに定期的にチェックしてもらうのが大切になります。

ここで歯科衛生士の登場です。患者さんのお口の中をチェックしてどこを磨き残しやすいのか、どのように磨いたらそこの菌が取り除けるのか、なぜ歯ブラシをしなければいけないのかなど患者さんに指導をしていきます。指導というと「できるかなぁ」と思うかもしれませんが、患者さんと楽しくおしゃべりしながら大切なことを伝えればいいので難しいことはありませんよ。

歯科衛生士の就職活動について


歯科衛生士の学校に行き資格を取るからには就職についても気になるところです。歯科衛生士は求人数がとても多く、就職先が選べる状態であることは、歯科衛生士のとても良いところです。働くことを考えたときに第一優先するところは人それぞれです。

自宅からなるべく近いところ、土日はお休みが良い、終わる時間が早い方が良い、逆に遅い方が良い、お給料が高いところが良いなど、就職活動をするときに自分の優先事項を比較的実現しやすいのも歯科衛生士のよいところです。また結婚や出産したあとでも雇用されやすく時給が高いのも女性に嬉しいところです。

あなたも歯科衛生士を目指してみませんか?


歯科衛生士になるための大学や専門学校での勉強は、科目数をみてその多さに驚くかもしれませんが、おおまかにひとまとめにすると“歯科"に関することですので、科目が異なっていてもリンクするところが多くあります。最初にも書きましたが国家資格の中でも合格率が高いのも歯科衛生士の特徴です。

また、患者さんと何気ないおしゃべりをしてリラックスしてもらったり、小さなお子さんが大きくなっていく姿を定期健診などで見守れたり、クリーニングをして「ありがとう」と言われたり、歯科衛生士は患者さんと密接な関係があり、とてもやりがいのある仕事です。

ベスト進学ネットには歯科衛生士の学校が満載です。歯科衛生士のことをもっと知るには、歯科衛生士学校のパンフレットを取り寄せてみましょう。就職に強い医療系の国家資格ですので、歯科衛生士に興味のある人はオープンキャンパスにも出かけてみてくださいね。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]出欠管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット