歯科衛生士のやりがい

歯科衛生士に興味を持っている高校生のみなさん、こんにちは。このコーナーを読んでいただけてとても嬉しいです。今回は歯科衛生士のやりがいについてご紹介します。

歯科衛生士は国家資格であり、歯科衛生士というと街にある歯医者さんで働くというイメージが多いかもしれません。就職先の多くは歯科診療所や病院です。しかし歯科診療所や病院の他にも、学校、保健所、介護施設などでも働くことができるのです。それぞれの就職先ごとに歯科衛生士のやりがいをお話していきます。

歯科診療所・病院でのやりがい


歯科診療所・病院での歯科衛生士の役割は歯科診療補助・歯科保健指導・歯科予防処置の大きく三つに分かれます。その一つ一つで感じるやりがいについてご紹介していきます。

歯科診療補助でのやりがい


歯科診療補助では歯科医師のアシスタントをしていきますが、みんな同じように見えるかもしれませんが歯科衛生士のテクニックには差があり、診療時間に大きく関わってきます。歯医者さんに行ったことがある方は覚えているかもしれませんが、歯を削る時には口の中に水を噴射しています。その水を歯科医師の邪魔にならないように、そして患者さんの不快にならないように吸いだすには歯科衛生士のテクニックがいるのです。

かぶせ物を接着するセメントもいろいろな種類があります。そのときに歯科医師のくせや好きなセメントを覚えていて用意ができているとスムーズに診療ができ時間の短縮になります。歯科衛生士がサポートすることでスムーズに診療が流れるととても充実感がありますし、歯科医師が満足そうにしていたり、患者さんに感謝されたりするととてもやりがいを感じるのです。

歯科保健指導でのやりがい


歯科保健指導では治療ではなく患者さんのブラッシング状態をチェックして歯の磨き方を教えていきます。小さい時から行っている歯磨きなので、今更ながらに教わるとなかなか教えられたとおりにやるということは難しいことでもあります。しかし専門的な知識のもとになぜ歯を磨かないといけないのか、というところをお話していくと頑張ってくれる患者さんも多いです。患者さん一人一人の歯並びと性格に合った方法、用具を一緒に考えて指導していき、次回来院したときに炎症が改善していたり菌が残っていたところがきれいになっていたりすると虫歯や歯周病のリスクが減るので私たちも嬉しいです。何より患者さんが喜んでくれることがとても嬉しいです。また、喫煙は歯周病と関係が深いので禁煙指導なども行います。それがきっかけで禁煙できた!と言われた時はその患者さんの体全体の病気予防のきっかけにもなれたということになるので、それもまた嬉しいことなのです。

歯科予防処置でのやりがい


歯科予防処置では患者さんの口腔内をクリーニングしていきます。歯科衛生士の大切な仕事です。クリーニングと一言で言っても、菌は乳白色なので見えづらかったり、その菌が死んで固まった歯石がとても固かったり、着色が多くついていて除去するのが大変だったりすることもあります。しかし菌や歯石・着色を除去した後の白い歯を見るのはとても気持ちがいいです。患者さんにとっても器具や器械を口の中に入れられるというのは歯科衛生士さんを信頼していないとできません。そう言われるととても緊張してしまうかもしれませんが大丈夫です。しっかり学校で実習もありますし、練習すればするほど上手になっていくのでテクニックが上がっているのを自分自身で感じるとまた頑張ろうとモチベーションも上がります。しかし一番嬉しいのは患者さんから、「ありがとう」と言われたり「あなたにクリーニングしてもらいたい!」と言われたりした時は、今までの頑張りと患者さんが喜んでくれていると実感できとても充実を感じます。

歯科診療所で働くといっても歯科衛生士は色々仕事があり、その一つ一つで充実感を感じることができる仕事だと思います。また、病院の就職先によっては口腔外科専門の所もあります。例えば、親知らずが横に向いていてしまい、少ししか生えてこないという時は大きい病院を紹介され抜歯をすることが多いので、口腔外科に就職するとメスや縫合糸を見ることが多いのです。大きな病院で働いてみたいという方には口腔外科がおすすめです。他にも、外傷や口腔ガンの手術の患者さんと関わるので接していて患者さんが元気になっていく姿を見るとスタッフも元気づけられます。

歯科衛生士学校でのやりがい


学校に就職すると考えた場合、教員免許を持っていないから…と思うかもしれません。しかし歯科衛生士学校へは歯科衛生士の資格があれば教員として就職ができます。求人によっては実務経験の年数指定があるところもありますが、歯科医院で現場経験を積んだ後に教員になるという方も多いです。学校に就職すると、今まで学校で生徒だった自分が教える立場になります。授業をどのように行うか考えたり、わかりやすい授業だと学生から感謝されたり、学生の勉強・就職・プライベートの悩みや相談に乗ったりと歯科医療の現場ではありませんが、将来の有望な歯科衛生士を育てるというのは、歯科医院や病院での仕事とは違った楽しみがあります。

保健所・介護施設でのやりがい


保健所や保健センターでは地域の方の健康相談や乳幼児の健康診断や高齢者に対する噛むこと飲み込むことの指導を行っていきます。地域に貢献できる就職先といえます。

介護施設では高齢者が増えていく一方ですが、高齢者の死因のひとつである肺炎と関係があるのが歯科医療なのです。誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)といって、口腔内の菌が誤って肺に行ってしまい肺炎を起こしてしまうということがあります。咬む筋肉や飲み込む筋肉の運動方法を指導したり、介護施設にいる方の歯のクリーニングや入れ歯の清掃指導をしたりして誤嚥性肺炎を起こさないように予防していくお仕事です。自分の指導次第で誤嚥性肺炎を予防できるというのはとてもすごいことだと思いますし、高齢化社会にも貢献できる歯科衛生士という仕事に誇りを感じる事でしょう。

いかがでしたでしょうか。歯科衛生士は手に職をつける仕事なので、勉強して練習すればするほど結果がついてくるお仕事です。働いていて感謝されるということは充実感を感じやすいと思います。お部屋のお掃除をして、きれいになったお部屋を見て嬉しくなるようでしたら歯科衛生士が向いているかもしれません。あなたも歯科衛生士を目指して楽しく充実した仕事ができるといいですね。

ベスト進学ネットには歯科衛生士の学校がたくさん掲載されています。気になる学校を探してパンフレットを取り寄せれば、もっともっと歯科衛生士のことがわかりますよ。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]専門学校向けシステム【infoClipper】
ベスト進学ネット