進学に関する情報を考える。ある高校の進路指導・ヨシハラ先生のアドバイス

今回は進学に関するさまざまな情報について考えてみたいと思います。近年、進学に関する情報は錯綜していて、どれが正しい情報なのか、自分(生徒)にとって関係している情報はどれなのかといったことを判断するのが非常に難しくなってきています。今回は進路に関するいくつかの情報について考えてみたいと思います。

学歴なんて関係ない???


「学歴社会は終わりを告げ、実力社会になった」は本当なのでしょうか?これについては正直言ってそうとばかりは言えないでしょう。就職する際には、書類審査と面接はどの会社でも行われます。その時点では会社側はその生徒のことをまったく知りません。

では何で判断するのか?履歴書の内容や短時間の面接で判断されます。その生徒に関して本質的なことがわからない状態ですから「学力は高いほうが良いだろう」と判断されることは自然なことなのです。実力などというものは入社して、実際に仕事をしてみないと分からないものだからです。

就職を有利にするために、少しでも学力が高い大学に行くということがまったく間違えているとは言えないということになります。

少子化で大学は入りやすくなった???


また、「少子化が進んでいるので大学には以前よりも入りやすい」ということもよく聞きます。残念ながらこれも半分は真実ですが、一概に正しいとは言えません。定員数を集めることができなくて応募した生徒はほぼ全員入学することができる大学もあるようですが、それは「中堅以下の不人気校」に限られます。

以前からの人気大学に関しては、ほとんど変わらない倍率を維持しているからです。結局難関校にはあいかわらず入りにくくなっているのが現実です。ただし、少子化が進んでいるのは事実なので、各大学は常に新しい学部を新設したり校舎を新築したりをくりかえしています。生徒集めが大変なのは間違いないようです。

AOや推薦は早く決まっていいことばかり???


少子化の影響は、入試の仕方にも変化を生み出してきました。AO入試、指定校推薦、自己推薦などを利用して「本来の学力試験では合格できない難関校に入学する」生徒が増えてきたのは紛れもない事実です。特に私立の中堅以下の高校から指定校推薦で難関校を狙う生徒の人数増はかなりのものがあります。この入試方式によって「受験勉強を冬まで必死にしなくても夏くらいに受験が終了する」という生徒が大量に出てきてしまったのです。

もちろんこういった方式を完全否定するつもりはありませんが、賛成ばかりもできません。メリットだけではなくデメリットも存在するからです。1つ目はそもそも学力が不足しているので、進学した先で勉強についていけず落ちこぼれてしまう可能性があるということです。そして2つ目は就職時にAO入試や指定校推薦で大学に入学した生徒を企業が敬遠する傾向があるということです。

もちろんどんな入試で入学してきたかは企業側にはわからないことですが、企業としては必死に勉強し努力してきた生徒の方が安心だということです。大学受験時には、こういったことも踏まえて、志望校や入試方式を考える必要があると言えるでしょう。

専門学校は就職に強い???


大学ではなく専門学校に進む場合もあります。これは大学に入って進路を決めるというのではなく、高校生の間にある程度進路を決めてしまって、それを専門的に勉強していくという形です。美容系、調理系、医療・看護系などは専門学校の在学中に技術を学び、資格を取得して卒業後は即戦力として働くことを目指しています。そのため、採用する企業側からするとどんな勉強をして何を目指しているのかがわかりやすく、専門職を目指す就職にはとても有利です。

これは大きなメリットではありますが、デメリットがないわけではありません。専門学校に入って専門分野に特化して勉強し始めてしまうと、途中で方向転換することが非常に難しくなるのです。極端な話、専門学校に行っていて途中で違うことをやってみたくなった場合、完全に一からやりなおすことになります。普通の四年制大学のように履修内容を変えたりしてある程度の変更がきくというものではないのです。専門学校に進む場合は本当にその仕事に就きたいのかを真剣に考えてから進学を決める必要があります。

高校生が進路を決める際には、こうしたたくさんの進学にまつわる情報を正しく判断していく必要があります。何事にもメリットがあればデメリットもあります。こうした進学にまつわる情報をたくさん調べてみてください。迷ってしまうことがたくさんあると思いますが、担任や進路指導、保護者とよく相談しながら自分の進路を考えていきましょう。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]看護学校向けシステム【infoClipper】
ベスト進学ネット