診療放射線技師になるには?

診療放射線技師とは病院などで放射線を使った検査や治療を行う国家資格を持った医療技術者のことです。診療で放射線を扱うことができるのは医師、歯科医師と診療放射線技師のみです。このコーナーでは、医療の高度化と多様化を支える診療放射線技師になるにはどうすれば良いのかについて詳しくご紹介したいと思います。

診療放射線技師になるには?


診療放射線技師になるには、診療放射線技師を養成する大学・短大・専門学校に通う必要があります。診療放射線技師を目指す学校では、どのような勉強をするのでしょうか?診療放射線技師は医療系の資格ですし、様々な装置を扱ったりするために理数系のイメージがあるかもしれません。確かにその通りなのですが、高校で文系だったり物理を選択していなかったりする人もいますし、放射線科に入ってからの授業は基礎的な授業から始まりますので大丈夫です。ただし、数学や物理の勉強をしておいて損することはありませんので、高校で授業がある人はしっかり勉強しておきましょう。
診療放射線技師の学校では学校や病院などで実習を行うこともたくさんあります。実習は学校で基礎的な勉強をしてからになりますので、放射線科に入ってからの基礎的な勉強がとても大切です。

では放射線科のある学校を探すことにしましょう。診療放射線技師は専門学校でも大学・短大でもどちらでも目指すことができます。現在は3年制または4年制になっていて、専門学校・短大の多くが3年制であり、大学はほとんど4年制です。どちらが絶対に良いというのはありません。その人の考え方や経済環境などによって選ぶ基準が違うからです。
少しだけそれぞれのメリット・デメリットを説明します。3年制は年数が少ない分それだけ学費を抑えることができますし、4年制よりも1年早く仕事に就くことができるのでそれだけ早く現場での経験をつむことができます。しかし学校での年数が少ない分それだけ詰め込む勉強量も多くなります。4年制大学はある程度の時間的余裕をもってしっかりと勉強することができたり、最終学歴が大学卒業になるので、就職先によっては給料に反映されたりします。しかし4年間という余裕から日々の勉強をおろそかにしないように気を付けましょう。3年制と4年制それぞれのメリットと自分の考えるメリットが多く一致するほうを選択すると良いと思います。

診療放射線技師免許は国家資格なので国家試験を受験し合格しなければなりません。平成26年度の新卒の合格率は85.2%でした。全科目受験者の合格基準は、配点を1問1点、合計200点満点とし、次の基準を満たした者を合格となります。
・総得点 120点以上 / 200点
・0点の科目が1科目以下

診療放射線技師の就職について


診療放射線技師の就職先は様々です。病院やクリニックのみならず、医療機器メーカーや大学病院などの医学研究所や原子力発電所などに勤めることができます。大半の人は病院やクリニックに就職しますが、現在はレディースクリニックなどが多く存在していることやMRI検査、超音波検査、マンモグラフィー検査で乳房検査する機会が多いために女性技師の活躍する場が増えております。それゆえに女性の診療放射線技師を募集する病院などが増えている傾向があります。国家資格ということで、全国規模で就職活動をすることができます。

診療放射線技師のやりがい


診療放射線技師のやりがいについて少し触れたいと思います。医師は患者さんから病状を聞いて診断を進めるうえで検査を依頼しますが、診療放射線技師の関わる検査がとても多いです。診療放射線技師はただ撮影を行っているだけではなく、診断に有益な画像を提供するために臨機応変に撮影方法を変えたりしています。撮影技術を向上させていくことで、医師の診断の質を高めることができます。医師や看護師のように直接的に患者さんと接する時間は短いですが、患者さんの健康に大きく寄与することができる診療放射線技師はやりがいを感じられる職種であると思います。この記事を通して診療放射線技師に興味をもっていただけたならば幸いです。

ベスト進学ネットには診療放射線技師の学校がたくさん掲載されています。気になる学校のパンフレットを取り寄せれば、もっと診療放射線技師のことがわかりますよ。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学籍管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット