講師インタビュー!インフラエンジニアの資格について解説!

スキルアップ 更新日 2024.03.13
講師インタビュー!インフラエンジニアの資格について解説!

目次

講座・スクールベスト進学ネット編集部が、スクールの講師の方にインタビュー。

今回はNeOS IT College(NIC)M・K さまに「インフラエンジニア」の資格として『CCNA』『LinuCレベル1(LPICレベル1)』『基本情報技術者試験』について解説していただきました。

講師紹介

NeOS IT College(NIC)
M・K

飲食業界、販売業界、通信会社営業の経験を経てインフラエンジニアに転職。

インフラエンジニアになってからは、金融系のシステム開発や要件定義、エンドユーザのフロント対応に従事。

その後、物流系のシステム開発を経験。
また、大手通信会社のシステム構築、維持保守運用など経験し、現在は自社のインフラ周りの開発や人材育成、人事やマーケティングなどに従事している。


どんな資格ですか?

インフラエンジニアを目指す上で検討したい3つの資格をご紹介します。

CCNA

シスコシステムズ社が実施している世界共通基準のネットワークエンジニア技能検定資格です。 IT人材は世界的に不足傾向にあるため、ネットワークエンジニアの需要は高いです。

LinuCレベル1(LPICレベル1)

仮想環境を含むLinuxシステムの基本操作とシステム管理が行える技術者を認定するための資格です。Linuxサーバの操作や運用、クラウドのセキュリティ、オープンソースの文化を理解し活用する事が求められます。

基本情報技術者試験

情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ人や、プログラム設計書を作成し、プログラム開発や単体テストなどの一連のプロセスを担当する人のための国家資格です。


3つの資格の魅力を教えてください!

紹介した3つの資格の魅力をご紹介します。

CCNAの魅力

ネットワークエンジニアとしての登竜門的な資格であり、企業にとっても信頼度が高いものです。ネットワークエンジニアに需要は世界的にも高いので、持っていると重宝されます。

LinuCレベル1(LPICレベル1)の魅力

実務経験が無くても、Linuxやサーバー構築についての知識・スキルを習得している証明にもなりますし、LinuCの取得によって証明できるLinuxの知識・スキルは、エンジニアの業務の中で幅広く活用できるため、就職や転職の際の強いアピールポイントになります。

OSの基本的な操作に加え、システム管理に必要なセキュリティやネットワークの要点を幅広く学べるため、初学者や経験の浅いインフラエンジニアに向ています。

基本情報技術者試験の魅力

IT業界における基礎的な知識やスキルを身につけることができるうえ、他のIT関連資格取得のための基盤ができることが魅力です。

IT全般なので開発のみならずインフラの知識も全般的に学ぶことができるため、自身の進路が決まっていないエンジニアでも総合的な力が身に着けられます。


3つの資格の受験資格・難易度について教えてください!

3つの資格の受験資格・難易度は以下の通りです。

CCNAの受験資格・難易度

受験資格などは設けられていないので、誰でも受けることが可能です。

合格率は20-30%前後なので、難易度は決して低くありません。

LinuCレベル1(LPICレベル1)の受験資格・難易度

受験資格などは設けられていないので、誰でも受けることが可能です。また、合格するためには100時間程度の勉強が必要と言われています。

難易度もそれほど高くないので、実務経験がない人でもきちんと勉強すれば合格できる内容となっています。

基本情報技術者試験の受験資格・難易度

受験資格などは設けられていないので、誰でも受けることが可能です。

また、合格するためには200時間程度の勉強が必要と言われており、1日1時間の勉強でも半年ほどは時間がかかります。

合格率は約60%前後なので、しっかり勉強し対策を練れば充分に合格できます。


3つの資格はどんな場面で役立ちますか?

3つの資格の役立つ場面を紹介します。

CCNAが役立つ場面

CCNAを取得することで、ネットワーク管理者としてのキャリアにステップアップできます。

企業や組織のネットワークの管理や設計構築、トラブルシューティングにおいて重要なスキルが身につくため、特にネットワーク設計や構築などで役にたちます。

LinuCレベル1(LPICレベル1)が役立つ場面

まだ経験が浅い状態で働いている中でLinuxサーバの操作や運用、構築などの案件に参画する際に役立つ資格です。

基本情報技術者試験が役立つ場面

ヘルプデスクやITサポートの仕事に適している側面もあるため、コンピュータやネットワークのトラブルシューティング能力が求められるポジションで役に立ちます。

また、IT全般を学ぶので、様々なシーンで役立つことになります。


どんな人におすすめですか?

3つの資格をおすすめする人を紹介します。

CCNAがおすすめの人

ネットワークエンジニアには特におすすめです。

ネットワークエンジニアとして成功したい人にとってはCCNAは技術の基本的ま理解を築くために要するステップです。

LinuCレベル1(LPICレベル1)がおすすめの人

Linuxサーバのことを勉強したい人に非常におススメです。

ゆくゆくは上位の資格を目指す足がかかりとしても有効ですし、一通りのLinuxサーバの知識が身に着くのでシステム管理者なども目指す事は可能です。

基本情報技術者試験がおすすめの人

ITの初学者に非常におススメです。

難易度もちょうどよくIT全般のことを学べるのでインフラのみならず幅広い知識が身に着きます。


スクールではどんなことを学習しますか?

弊社が運営している「NIC」というスクールでは資格取得などに特化しているわけではなく、どちらかというと実践向きのスクールです。

IT現場で行われている設計-構築-テスト-運用・維持保守というフェーズの中で、主に「構築」の部分に焦点を当て、現場で実際に想定される仕事の流れをカリキュラムに落とし込み、研修を行なう事で、即戦力としてIT現場に出ることができます。

また、現場での立ち振る舞い方やエンジニアとして必要な考え方、マナーや礼儀、質問の仕方、自走力の養い方なども研修を通じて学ぶことができるため、当カリキュラムを卒業した100%の方がエンジニアとして稼働できています。

基本的には講義スタイルではなく、実戦形式の自学スタイルです。不明点は質問回数制限など無く、いくらでも質問できます。

リモートでも対面でもいつでも不明点を聞くことができるので迅速な課題解決のサポート体制もばバッチリです。


資格取得を検討してる方へメッセージをお願いいたします!

大事なのは資格ではなく、「相応の技術」です。資格を取得しても使っていなければ宝の持ち腐れです。

せっかく取得したのであればその知識を技術に昇華させ、活躍してほしいと思います。

インフラエンジニアを目指せるスクール
目指す資格・スキルインフラエンジニア
受講形式通学・オンライン
受講費用137,500円(税込)
受講期間6ヶ月間
1ヶ月想定:40時間
NeOS IT College(NIC)は
こちらから!


お役に立ちましたか?いいね&共有お願いします!
  • 友達にメールを送る
  • Twitterでツイートする
  • LINEで送る

講座をご紹介

関連するタグ

人気のタグ

タグの一覧へ

スキルアップの記事

スキルアップの記事一覧へ

今月の人気記事

カテゴリーの一覧

ページトップへ戻る
関連サイト
看護師になろう