お薬の専門家「薬剤師」になるには?

みなさんは薬剤師という職種をどのくらい知っていますか?薬局やドラッグストアに行くと、薬剤師という名札をつけた人がいます。たとえば、かぜをひいて薬局に行くと、かぜの症状にあわせて、かぜ薬を選んでくれます。薬局やドラッグストアで病気や怪我に必要な薬や治療の相談に乗ってくれる人が薬剤師です。

あるいは、病気や怪我をして病院や診療所に行きお医者さんに診てもらうこともあるでしょう。医師が処方せんを書き、その処方せんを薬局に持っていくとお薬を用意してくれます。そのときに、わかりやすく薬の効き目や飲み方、その他の注意事項を説明してくれるのが薬剤師です。薬剤師は、お薬のことをよく知っている専門家なのです。この薬剤師になるには、どのようにしたらよいのでしょうか。

薬剤師国家試験に合格する必要があります


薬剤師になるには、国が行っている薬剤師国家試験に合格しなければなりません。この試験は、だれでも受けられるものではなく、薬系大学の6年制薬学教育課程を卒業することが必要です。以前、薬系大学は4年制だったのですが、医療の高度化に対応できる薬剤師を育てるには4年間では不十分ということになり、2006年度から6年制薬学教育課程がスタートしました。薬系大学のなかには4年制のコースもありますが、このコースを卒業しただけでは薬剤師国家試験の受験資格はありません。6年制薬学教育課程で勉強して卒業し、受験資格を得ることが必要なのです。

6年制薬学教育課程で学ぶこと


それでは6年間、どのような勉強をするのでしょうか。まず薬剤師国家試験の科目をみてみましょう。薬剤師国家試験の領域は、物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務に分かれています。高校の授業で、物理・化学・生物を勉強しておくと、大学での勉強もスムーズに進むでしょう。入学したらまず基礎系の勉強から始まり、少しずつお薬や、病気、病気の治療方法などの臨床系の勉強をすすめていきます。

6年制薬学教育課程で勉強すべき内容は「薬学教育モデル・コアカリキュラム」という指針にまとめられています。全国の薬系大学はこの指針に従ってカリキュラムをつくっていますが、さらに大学独自のさまざまな工夫もしています。まず入学してから4年間は薬剤師になるための基礎固めの勉強をします。そして5年生になったら、事前学習も含めて合計して約6か月間の実務実習を行います。薬局や病院で行う実務実習では患者さんに接することもありますので、実務実習に行ってもよいかを判断する試験(共用試験)が4年生の冬に行われます。コンピューターを使って知識の試験を行い、技能を実技試験で確認します。これらの試験に合格すると、5年生で薬局や病院での実務実習ができるようになるのです。実務実習のあとは、卒業研究をしながら、薬剤師国家試験に合格できる実力を養う総仕上げの勉強をしていきます。

さまざまな活躍をしている薬剤師


最初に紹介した薬局やドラッグストアでお薬を選んだり説明したりすることだけが薬剤師の仕事ではありません。病院に入院したことがあるなら、ベッドサイドまでやってきた薬剤師に出会ったことがあるのではないでしょうか。病院の薬剤師は、お薬の説明だけでなく、しっかり飲めているか、薬を飲んで変わったことが起きていないかなどを、患者さんとの話の中から、また検査結果などから確認しています。お薬の効果がしっかり出るように取り組むとともに、もしお薬の副作用が出てもなるべく早く発見して、症状がひどくならないように患者さんを守ってもいるのです。

また、薬局の薬剤師は、医師が書いた処方せんをもとにお薬を用意しますが、単にお薬をそろえて用意するのではありません。処方せんの中のお薬が患者さんにあっているかどうか、お薬同士の飲み合わせが悪くないか、ほかで飲んでいるお薬との飲み合わせはどうかなど、さまざまなチェックを行っています。

このように、薬剤師は患者さんだけでなく、医師をはじめとした医療スタッフを支える役割もしているのです。薬剤師はお薬の説明をする人というイメージがあるかもしれませんが、説明をするだけでなくお薬のあらゆることに関わっているのが薬剤師なのです。

そのほか、お薬をつくっている製薬会社で働く薬剤師もいます。患者さんに必要な新しいお薬をつくりだす基礎的な研究や、新しいお薬が患者さんに効くかどうかを調べる研究、販売中のお薬について医師に情報を伝える情報提供など、さまざまな種類の仕事をしています。ここでも薬剤師は、患者さんや医療の現場を支えているのです。

専門職としての薬剤師


お薬の専門家である薬剤師は一生の仕事になるといってもよいでしょう。さまざまな病気の治療のために、新しいお薬は次々に発売されます。その新しいお薬は新しい効き目をもっているので、薬剤師としての仕事をするには、一生勉強していくことが必要です。それが専門職なのです。しかし専門職であるがゆえに、たとえば女性がいったん出産などで職場を離れたとしても、仕事に復帰することは難しくはありません。病院や薬局、ドラッグストアなど、薬剤師を必要としている職場はたくさんありますので、極端に言えばいつでもどこに行っても薬剤師として就職することができるのです。こうした優位性は薬剤師が専門職であればこそのメリットと言えます。

患者さんに信頼される薬剤師、医療の現場支える薬剤師、さまざまなメリットがある薬剤師、薬剤師はとてもやりがいのある仕事です。あなたもぜひ薬剤師をめざしてみてはいかがでしょうか。ベスト進学ネットにはさまざまな薬系大学が掲載されています。多くの薬系大学を比較して、自分が目指すべき大学を探してみてください。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学納金管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット