薬剤師のやりがい・魅力

さまざまな活躍ができる薬剤師


薬剤師国家試験に合格して薬剤師になると、ドラッグストアや薬局、病院、製薬会社など、さまざまな場で活躍することができます。このコーナーでは薬剤師のやりがいや魅力について解説してきます。

国民の健康をサポートし感謝される仕事


薬剤師には「薬に関するすべてに責任をもつ」役割があります。薬剤師がかかわる仕事は、すべてが国民の健康をサポートする仕事といっても過言ではありません。たとえば、新しいお薬をつくりだしたり、医師にお薬に関する情報を提供したりする製薬会社の薬剤師の仕事は、お薬による治療の選択肢を多くして、患者さんの治療に役立っています。病院や薬局で働く薬剤師は、医師が患者さんにあわせてお薬を選んで書いた処方せんを、医師とは異なる薬剤師としての視点で確認します。単に処方せんに合わせて患者さんにお薬を準備するのが薬剤師の仕事ではありません。病院であれば病棟のベッドサイドで、薬局であれば店頭や患者さんのお宅で、患者さんとお話しして病気の状態を確認します。その上で薬同士やサプリメント・食品などの飲み合わせも確認し、患者さんにお薬の効果がしっかりあらわれるように医師が書いた処方せんを確認するとともに、患者さんをお薬のリスクから守る役目も果たしているのです。また、薬局やドラッグストアの薬剤師は、患者さんが自分で薬を選ぶためのアドバイスをしていますが、薬局やドラッグストアには必ずしも患者さんだけが訪れるわけではありません。薬剤師は、まだ病気になっていない人が病気になるのを防ぐために、また、もう少しで病気になりそうな人に気をつけて病気にならないようにするアドバイスを行い、国民の健康をサポートしています。

薬剤師が行っている仕事は、お薬やアドバイスの対価として患者さんから代金を受け取るだけでなく、「ありがとう」と感謝されることが多い仕事です。自分が行った仕事について相手から感謝の気持ちをもらえることは、薬剤師の日々のやりがいであり薬剤師という仕事の魅力です。

自分を高めることで社会から認められる仕事


薬剤師はお薬に関する幅広い知識をもち、その知識をもとにさまざまな仕事をしています。しかし、お薬は毎年さまざまな新しいものが発売されますので、薬剤師になったからといって、いつまでも薬剤師国家試験合格時の知識だけで仕事を続けることはできません。言い換えると、薬剤師として働くためには、生涯学習により自分を高め続けることが必要です。そのような勉強により、患者さんに対して薬剤師が行う仕事「ファーマシューティカルケア」の質は高まっていきます。解決できる患者さんの問題が増えれば増えるほど、薬剤師は患者さんから認められるようになり、この薬剤師に相談したいと患者さんが思う「かかりつけ薬剤師」として選ばれるようになります。

また、お薬に関する幅広い知識に加えて、ある領域についてより深く知識を得ることで専門的な薬剤師として働くこともできます。たとえば、がん、精神科、感染、妊婦・授乳婦など、さまざまな領域の専門薬剤師・認定薬剤師制度がつくられています。がん専門薬剤師であれば、医師の診察前に患者さんと面談し医師の処方をサポートする仕事や、患者さんをお薬の副作用から守る仕事もあります。このような仕事は、薬剤師の高い専門性があってはじめて成り立つ仕事ですので、専門薬剤師・認定薬剤師として働くことは自分の高い専門性を社会から認められて働くというやりがいとなっています。

薬剤師の仕事の内容は、常に進化し続けています。すでに薬剤師として働いている人やこれから薬剤師になる人すべての取り組みが、薬剤師の仕事の幅を広げていくのです。まだまだ患者さんの役に立てる余地がある薬剤師という仕事は、社会に役立っているという実感ができる魅力的な仕事といえるでしょう。

ライフスタイルにあわせた転職が容易


薬剤師として最初に就職をした職場で定年まで勤める人もいますが、かなりの薬剤師が転職を経験しています。大学を出たての薬剤師であれば、残業もいとわず通勤時間も気にせず働くことができるかもしれませんが、人生には結婚や出産、親の介護など、さまざまなライフイベントがあります。結婚して職場に通えない場所に引越しをすることもあるでしょうし、出産や育児でフルタイムでは働けなくなることもあるでしょう。そのようなとき薬剤師であれば、ライフイベントにあわせて、転職や再就職をすることは難しくありません。基本的な薬剤師業務の経験があれば、勤務地や勤務時間など、さまざまな条件を選びながら転職や再就職をすることが可能です。また、薬剤師は専門職ですので、一般的な職種に比較すると、得られる報酬は高めです。長い人生を豊かに送っていく上で、その時々の条件で職場を選んだり、しっかりと報酬が得られるということは薬剤師の魅力のひとつではないでしょうか。

このように薬剤師にはさまざまなやりがい・魅力があります。薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受けなければなりません。そのためには6年制薬学教育課程のある薬系大学を卒業することが必要です。ベスト進学ネットにはさまざまな薬系大学が掲載されています。多くの薬系大学を比較して、自分が目指すべき大学を探してみてください。
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]学籍管理システム【infoClipper】
ベスト進学ネット