税理士になるには?

税理士は税金の専門家であるとともに、会計の専門家でもあります。納税者や中小企業の経営者からも大きな信頼を集める仕事です。税金に関する法律が複雑になっていく中、税理士に対する社会からの期待はますます大きくなっています。このコーナーでは、税理士になるにはどうすればよいのかということについて説明していきたいと思います。

税理士になる3つの方法


税理士になるには次の3つの方法があります。

1.税理士試験に合格して、税金や会計に関する実務を2年間経験する


税理士試験に合格して、税金や会計に関する実務を2年間経験することにより税理士になることができます。実務経験は試験の合格前と合格後、どちらでも大丈夫です。なお、実務経験は税理士事務所で勤務するほか、一般企業で会計や決算に携わる仕事をしている場合も認められます。

2.他の資格を取る


公認会計士や弁護士は、登録することにより税理士になることができます。

3.税務署員として23年間勤務する。


税務署や国税局、国税庁で職員として23年間勤務すれば、指定研修を受けることにより税理士となることができます。

税理士試験の概要


受験資格


税理士試験には受験資格があります。その中で、主なものを紹介します。

(1)大学、短大又は高専を卒業し、法律又は経済に関する科目を1科目以上履修した者
(2)大学3年以上の学生で、法律又は経済に関する科目を含め62単位以上を取得した者
(3)専修学校(2年以上かつ総授業時数が1700時間以上)の専門課程を修了し、この中で法律や経済に関する科目を1科目以上履修した者
(4)日商簿記検定1級合格者
(5)全経簿記能力検定上級合格者
(6)税理士事務所や企業の会計部門などで、2年以上の実務経験がある者
大学や短大、専門学校などに進学して税理士試験を目指す場合、1つ以上は法律や経済に関する科目を履修するように気を付けて下さい。

試験科目合格に必要な科目数


試験科目は、会計に属する科目と税法に属する科目に分類されます。全部で11科目ありますが、そのうち5科目について合格すれば、税理士試験は合格となります。
ただし、どれでもいいから5科目という訳ではなく必修科目があります。まず、会計科目の2つは必ず合格しなければいけません。また、税法科目については9科目のうち3科目に合格する必要があり、法人税法か所得税法のいずれか一方は必ず合格しなければいけません。なお、消費税法と酒税法、住民税と事業税については、それぞれ一方しか受験することはできません。
*1 法人税法と所得税法のいずれか一方は必修。両方受験も可
*2 消費税法と酒税法については、いずれか一方しか受験できない
*3 住民税と事業税については、いずれか一方しか受験できない

科目合格制度と科目免除制度


税理士試験の特徴として、科目合格制度と科目免除制度があります。

(1)科目合格制度
税理士試験は5科目を1度に合格する必要はありません。1度に受ける科目数は1科目からで大丈夫ですし、合格すればその効力はずっと残ります。もちろん5科目を1度に合格できればいいのですが、それが出来る人はあまりおりません。早い人で2年、中には10年以上かけて合格までたどり着く人もいます。

(2)科目免除制度
税理士試験は、その学識などに応じて様々な科目免除制度があります。主なものを紹介します。

A.大学院に進学し、修士の学位を取得する
税法や会計学に関する研究をし、論文を書き、それが認定されれば科目の免除を受けることができます。税法分野の学位の場合、税理士試験の税法科目をどれか1つ合格すれば、あと2つは免除されます。会計学分野の学位の場合は、会計科目のいずれか1つに合格すれば、あと1つが免除されます。
B.大学院に進学し、博士の学位を取得する
博士の場合は、税法に関する学位があれば税法科目が全て、会計学に関する学位であれば会計科目が全て免除されます。
C.税務署などで10年間勤続する
さきほど、税務署で23年間勤務すれば税理士になることができるとお話ししましたが、正確には税理士試験が全科目免除されるという意味です。また23年間勤務しなくても、10年間勤務すれば税法科目が全て免除されます。

税理士になる王道は5科目試験合格


税理士になる方法や、試験に合格するまでの手段は、説明してきた通りたくさんあります。しかし、一番の王道は税理士試験5科目全てに合格し、2年間の実務経験を経て税理士になることです。特にこれから大学や短大、専門学校に進学する人たちにとっては、若くして税理士になるチャンスがあります。税理士の平均年齢は60歳以上と言われ、年齢が若ければ若いほど貴重な存在となります。

まずは簿記の勉強を


税理士になる方法などについてお話しさせていただきました。税理士試験に早期に合格するためにも、まずは受験資格を満たすことが大切です。また、税理士試験でも、実務においても簿記の知識は必須です。早いうちから簿記の勉強を始めることで早期に受験資格を得ることにつながり、さらには税理士試験の勉強やその後の実務にも役立ちます。ぜひ、税理士になることを目指している方は早いうちから簿記の勉強を始めてください。それが税理士になるための第一歩です。

ベスト進学ネットでは税理士を目指せる学校をたくさん掲載しています。計算が得意だったり、税や会計に興味のある人は税理士を目指せる学校のパンフレットを取り寄せたりするともっと詳しいことがわかりますよ
このページを友達に教えよう♪
  • 友達にメールを送る
なぜ進路選びの知識が必要なの?
夢や憧れの気持ちを持って将来の目標や進学先を決めることは、とても大切です。でも、憧れの職業についてどのくらい理解していますか?進路選びに関する十分な知識を持っていますか?どんな風に学校を選べば良いか知っていますか?
進路選びに関する知識が足りずになんとなく進路を決めてしまうと、『自分に合わなかった!』とか、『想像以上に忙しくて続かなかった!』とか、『こんなに進学にお金が必要だったなんて!』など、あとあと問題が出てきてしまうこともあります。
このページでは、将来の夢や目標を実現するために役立つ情報や体験談などを集めています。進学したい学校や、将来働きたい業界について知識を深めてから、しっかりと自分の進路を決めましょう!
知りたいこと別のおすすめ記事
たとえばこんなときに利用しよう!
大学入試について知りたい
専門学校の入試対策について知りたい
大学に行くか、専門学校に行くか悩んでいる
オープンキャンパスについて知りたい
奨学金について知りたい
保育士になるにはどうしたらいいの?
デザインの仕事がしたいけど、どんな仕事がある?
調理師の資格を取得するにはどうしらいいの?

その他にも、さまざまな職業の紹介や、進路を決めるときに役立つ情報を用意していますので、気になるカテゴリーから探してみましょう!
会社概要
[運営]日東システム開発
[PR]看護学校向けシステム【infoClipper】
ベスト進学ネット