• ログイン
  • 新規登録
  • よくある質問
  • 初めての方へ
  • 進学のまとめ
  • ベスト進学ネットTOP
  • 専門学校TOP
  • 大学・短大TOP
  • その他のスクール・各種学校など
  • オープンキャンパスを探す
  • 目標とする資格から学校を探す
  • 学びたい学問から学校を探す
  • 目指す仕事から学校を探す
  • 地域を指定して学校を探す
  • 学校の最新ニュース
  • 入学願書・入学試験・AO入試・推薦入試を探す
  • ベスト進学ネットおすすめのコンテンツ
専修学校(専門学校) 私立  東京都中野区

新宿情報ビジネス専門学校

学校案内、資料請求はコチラ学科・コースについてオーキャン(OC)情報と予約申込はコチラ個別相談・学校見学入学試験日程と願書の請求はコチラ学費・奨学金について学校ニュース特徴や雰囲気・わが校のココが一番
先生、在校生、卒業生に学校の雰囲気や評判を聞いてみよう
社会人の方へ
FAQ

FAQ

●●セメスター学修システムとは何ですか?●●

★4月〜9月の前期、10月〜3月の後期の授業内容を独立させ、それぞれ6ヶ月で完結させる学修システムのことです。
★入学期も4月入学と10月入学なので帰国子女や社会人にも好評な学修システムです。
★それぞれの授業が独立しているため、例えば10月に入学したとして、「前期の授業を受けていなかったから後期の授業内容がわからない!」といったことはありません。

★また、大学生や社会人など、1年を通して時間を確保することが難しい方は、必要に応じて前期6ヶ月コースと後期6ヶ月コースを断続的に受講して1年制や2年制専門課程の単位取得も可能です。


セメスター学修システム補足

●●午前に学び午後から働ける『デュアルシステム』とはどんなものですか?●●

デュアルシステムとは、簡単に言うと「企業で働いた時間を学校の選択講座の単位として認定できる」システムです。
IT技術を利用する仕事内容であることなどの条件はありますが、
このシステムによって、学生・学校・企業に次のようなメリットがあります。

【学生】
・給与をもらいながら学校の単位がもらえる
・実践的な職業能力が向上する
・アルバイトからその企業に社員として就職するチャンスがある

【学校】
・高い職業能力を持った学生を社会に送り出すことができる

【企業】
・優秀なアルバイトの学生をそのまま採用できれば、採用・教育コストを抑えられる
・勤勉なアルバイトを確保できる(※)

※学校で単位認定されるかどうかは、企業からの評価も関わるため。

このように、3者をwin-win-winの関係にできるシステムと言えます。
あなたもこのwinのサイクルの一員になりませんか?


デュアルシステム補足

●●大学等とのダブルスクールも可能ですか?●●

★通学制(昼・夜)大学や通信制大学との併修(Wスクール)が可能です。

★例えば、通学制(昼・夜)大学3・4年生が午前は当校でIT講座(※1)を、午後は大学のゼミや就活(※2)、といったWスクールで適職志向の確実な就職を目指す大学生が増えています。

※1 IT講座で得た知識を元にITパスポートや基本情報技術者などの国家資格に挑戦し、自己の興味・適性に合った確実な就職を目指しましょう!

※2 常勤のキャリア・カウンセラーによるカウンセリングなど、就職支援も充実しています。


ダブルスクール補足

●●体験入学したいのですが?●●

【開催日時】
毎週土曜日

午前の部:10時〜
午後の部:14時〜

それぞれ2時間程度です。

【実施予定内容】
★アプリ作成などの実技体験
★授業内容などの学科・コース説明
★教室、使用PCなどの学内LAN設備見学
★専用ツールを利用した適職診断と適職相談
★高校生・社会人・帰国子女など何でも個別相談

個別相談・適職診断には、当校常勤のキャリア・カウンセラーによるカウンセリングも受けられます。

【参加特典】
★学費減免特待生制度の出願対策
★記念品贈呈

【交通アクセス】
最寄駅は中野駅(JR中央線・総武線、地下鉄東西線)
北口を出てから徒歩でおよそ4分です。


オープンキャンパス詳細

●●入学試験があるのですか?●●

あります・・・が、不安に思う必要は全くありません。
入学試験の内容は、出願方法によって異なります。

【出願方法による入学試験内容】
1.推薦入学(高校生の高校推薦・自己推薦、大学生・社会人の自己推薦)
「書類審査」が原則です。
なお、必要に応じて面接により入学目的と専攻学科との適合性について、適職志向の助言をする場合もあります。

2.一般入学
「適職診断」または「基礎能力テスト」のどちらかを行って頂きます。

★適職診断…適職診断ツールを使用して、自分の思考・特性から適職を調べ、その後当校のキャリア・カウンセラーによるカウンセリングを行います。
★基礎能力テスト…国語・英語・数学のうち一教科を選んで受験します。

どちらの試験も、学力を問うことよりも、受験者の適職診断の参考にすることが目的ですので安心してください。

また、1と2ともに、特別奨学生・懸賞作文特待生として受験される方は、出願時に「懸賞作文」を提出して頂きます。
懸賞作文の詳細については学校パンフレットにてご確認ください。


入試についての詳細

●●マルチメディア研究科とはどんな学科ですか?●●

マルチメディア研究科は、大学等で基本的なITスキルを学習した方を対象とした、より実践的な内容を学習する学科です。

【出願条件】
大学・短大・専門学校(2年制)を卒業した方(※1)で、基本的なITスキル(※2)を保有している方。

※1 当校の情報ビジネス学科2年課程卒業者も含む。
※2 目安…日商PC検定3級程度

【特長】
マルチメディア研究科(1年)卒業時にマルチメディア学科(4年制)の4年次に編入でき、マルチメディア学科を卒業すれば、本来取得に4年かかる「高度専門士」の称号を2年間で取得することができます。

★大学・短大に在籍中の方で、よりITスキルを高めたいという方は「1年制情報ビジネス学科」とのダブルスクールコースをご検討ください。

★大学・短大・専門学校の卒業生や社会人の方で、ITスキルを基礎から学びたいという方は「1・2年制情報ビジネス学科」をご検討ください。


マルチメディア研究科補足

●●1クラスは、何名くらいですか?●●

★クラス編成は習熟度別または目的別に教科によって40名または20名程度です。

★少人数制クラス編成ですから、講師が全学生の性格特性や学習状況を個別に理解して、学生一人ひとりの目的や個性に合った学習指導とキャリア・カウンセリングで適職志向の確実な就職を目指しています。


学科コースの一覧

●●学費減免特待生制度はありますか?●●

本校では、以下の学費減免特待生制度を運用し、学習意欲の高い方を応援しています。

●特別奨学生制度・・・学力評価の高い方を対象とした制度

●懸賞作文(資格)特待生制度・・・個性値を重視する懸賞作文の評価による制度(※)

●被災者サポート制度・・・東日本大震災など、自然災害の被災者を対象とした制度

※ 懸賞作文特待生制度を利用しての出願については、体験入学時に出願対策をすることができます。


奨学生・学費減免特待生制度

●●カリキュラムや授業の時間割はどのようになっていますか?●●

☆☆ カリキュラム ☆☆
当校では、雇用され得る能力の高い人材を育成するため、時勢に合わせたカリキュラムを編成しています。

【授業科目と関連する職種】
●HTML・CSS・JavaScript・PHP
→Webデザイナーなど

●Java・Androidアプリ開発
→プログラマなど

●Word・Excel
→事務職など

また、IT企業が採用条件とすることもある情報処理の資格対策の授業にも時間を多めに割いています。


☆☆ 時間割 ☆☆
専門学校には朝から夕方まで勉強漬け…というところもありますが、当校は違います。
当校の授業は平日のみで、最大の特長は…

『必修授業は午前中(※1)で終了』という点です。
※1 9:00〜12:10

週2回午後に選択授業がある日もありますが、選択授業も14:40には終了します。
授業後の時間は、アルバイト(※2)、自習、自分の好きなことなど、自由に使うことができるのです!
※2 条件を満たせば、アルバイトの時間を学校の単位として認定する制度もあります。

ただ、毎日の授業時間が短いことの代償に、「夏休みは8月の1ヶ月間」(※3)となります。
学生にとって夏休みが短いことはデメリットと感じると思いますが、「休み癖をつけない」という点でメリットとも考えられます。
※3 夏休みを短くすることで授業日数を増やし、専門士や高度専門士の称号を付与する条件の授業時間数を満たしています。

なお、より詳細なカリキュラム内容・時間割の例は、当校の資料に記載してあります。


カリキュラムや授業の時間割補足

●●コンピュータはむずかしそうですね?●●

もちろん、専門的な知識や技術を学ぶことは大変なことです。
ですので、「絶対にマスターさせます」などと無責任なことは言えません。
ただもちろん、講師も「マスターさせるために最大限の努力をする」ことは惜しみません。

ITスキルに限らず、知識や技術の修得は「やってみなければわかりません」。
また、「やらなければ絶対に修得できません」。

ただ当たり前ですが、経験豊富な講師であっても「最初は初心者」だったんです。
本人の努力と講師の指導次第できっと技術は身に付けられると思いますよ。

今はどんな職種を目指すにしてもコンピュータ操作はほぼ必須スキルです。
まずは第一歩として、当校の体験入学でコンピュータに触れてみませんか?


土曜日体験入学・個別相談
 
新宿情報ビジネス専門学校のパンフをもらおう!
FAQを見て学校の事がもっと知りたくなったら
掲載されている情報は掲載した時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので詳しくは各学校へご確認ください。
また掲載されている動画に関するお問い合わせは各学校にお問い合わせください。

関連項目


新宿情報ビジネス専門学校
新宿情報ビジネス専門学校 学費・奨学金について
新宿情報ビジネス専門学校 オープンキャンパス
新宿情報ビジネス専門学校 願書・入試推薦入試一般入試社会人入試
学科・コースについてわが校のココ1番を紹介学校ニュース個別相談・学校見学先生・在校生・卒業生からのメッセージ社会人の方へFAQ

新宿情報ビジネス専門学校の学校ニュースを見てみよう!


更新日:2016/12/07

先生、在校生、卒業生に学校の雰囲気や評判を聞いてみよう
社会人の方へ
FAQ
※お気に入りに登録するには
  ログインする必要があります。
学校情報をスマホで見てみよう!
スマホにURLを送る

資料請求できるパンフレット

新宿情報ビジネス専門学校

学校案内


学校案内書・募集要項など一式
[お届け時期:随時(請求後3日程度)ゆうメール便等 ]
・資料・送料ともに無料です。

周辺地図、乗換案内・ルート案内


新宿情報ビジネス専門学校の周辺地図と、学校までの乗換案内・ルート案内です。

わが校のココが一番!

●必修教科の授業は午前で終了!!年間授業時数は1000単位時間●
当校の授業は選択授業のある日(★1)を除いて、午前中に終わります(★2)
ですので、午後はアルバイトをするもよし(★3)、自習室で勉強に励むもよし、趣味に没頭するもよし、有意義に時間を活用する...
新宿情報ビジネス専門学校 のパンフをもらおう!

他にもこんな学校があるよ!

専門学校 東京スクール・オブ・ビジネス
キミの未来へつながるTSB。
日本電子専門学校
一人ひとり、未来へつなぐ
東京商科・法科学院専門学校
大きな壁を越えるチカラを身につけた人材を育成
TMC 東京マルチメディア専門学校
初年度学費71万円から。基礎から徹底的に指導します!
大原情報ビジネス専門学校
TVCMでおなじみ!本気になったら大原!
会社概要
[運営]日東システム開発
東京都 システムアドミニストレーター 専門学校
東京都 プログラマー 専門学校
東京都 DTPオペレーター・DTPクリエイター 専門学校
東京都 OA機器インストラクター 専門学校
ベスト進学ネット