• ログイン
  • 新規登録
  • よくある質問
注目を集めているお仕事特集 > 臨床検査技師

臨床検査技師ってどんな仕事?

検査結果が出ました。特に異常はないですね。このデータは臨床検査技師が調べているんですよ。 高熱が出て調子が悪いんです…。念のため血液検査しましょう。 臨床検査技師ってすごいなあ…病気を早期発見できるのは臨床検査技師のおかげなんだね!! 血を採りますね。すぐに分かりますよ。はい…。

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師(英語:Medical Technologist,MT)は、厚生労働大臣が認定する国家資格です。

臨床検査技師は、医師が患者の診療・診断を行う時に必要な医学検査データを提供する専門家です。医師または歯科医師の指示のもと、様々な医学上の検査を専門的に行ないます。検査には大きく分けると次の2つがあります。

【検体検査】
患者さんから採取した血液、尿、便、分泌物、細胞組織などを対象に行う検査。

【生理機能検査】
血圧・心電図・肺活量・脳波などの機能検査や、超音波やMRI等を使う画像検査などの患者さん自身を対象に行う検査。

臨床検査技師の活躍の場・就職先

就職先には、病院・医療機関・製薬会社などの研究室・臨床検査センターなどがあります。臨床検査技師は様々な場所で活躍しています。
臨床検査技師は病院、医療機関、臨床検査センターなどで活躍しています。近年では製薬メーカーや医療機器メーカーなどの一般企業に就職する人もいます。

臨床検査技師の給料・年収

男性の年代別平均年収 女性の年代別平均年収 勤続年数によっても年収は異なります

臨床検査技師になるには?

臨床検査技師になるには、高校卒業後、専門学校・短大・大学といった文部科学大臣指定、厚生労働大臣指定の臨床検査技師養成施設に3年以上通い、臨床検査技師国家試験に合格しなければなりません。
国家資格を取得できれば臨床検査技師として、病院、医療機関、製薬会社などの研究室、臨床検査センターなどで活躍できます。

平成29年2月22日(水)に行われた、第63回臨床検査技師国家試験の合格率は78.7%でした。(受験者数4,739名 合格者数3,729名)
参考:厚生労働省 平成29年国家試験合格発表
会社概要
関連サイト
看護師になろう
ベスト進学ネット