偏差値・入試難易度一覧

私立大学の偏差値・入試難易度

文・人文(私立大学) 社会・国際(私立大学) 法・政治(私立大学) 経済・経営・商(私立大学)
理(私立大学) 工(私立大学) 農(私立大学) 医・歯・薬・保健(私立大学)
生活科学(私立大学) 芸術・スポーツ科学(私立大学) 総・環・情・人(私立大学)

国公立大学の偏差値・入試難易度

文・人文(国公立) 社会・国際(国公立) 法・政治(国公立) 経済・経営・商(国公立)
教育(教員養成課程)(国公立) 教育(総合科学課程)(国公立) 理(国公立) 工(国公立)
農(国公立) 医・歯・薬・保健(国公立) 生活科学(国公立) 芸術・スポーツ科学(国公立)
総・環・情・人(国公立)


入試難易度(ボーダーライン)とは?
ボーダーラインは河合塾が設定した合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。ボーダーラインにはセンター利用大(短大)用に設定されているボーダー得点率と、国公立大の個別学力検査(2次試験)および私立大・短大・専門学校等の一般入試用に設定されているボーダー偏差値があります。なお、本一覧は2015年度「第3回全統マーク模試」の結果からみた難易予想を示したものです。
ボーダー得点率
センター試験の得点による合否の分布を基に1%幅で設定しています。

ボーダー偏差値
2015年度「第3回全統マーク模試」の偏差値による分布を基に2.5幅で設定し、その下限値を表示しています。本一覧ではBF(ボーダーフリー)を「−」と表しています。なお、科目数や配点は各大学により異なるので、単純に大学間の入試難易を比較できない場合があります。また、本一覧におけるボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。

入試難易度一覧について

あなたが志望する大学の難易度はどのくらいでしょうか? 今のあなたの実力と違いすぎていてもあきらめないでください。できるだけ早く志望校の難易度(偏差値)を認識し、しっかりと学習計画を立てて受験対策をすれば、合格も夢ではありません。
ただし、チャレンジすることは素晴らしいですが、『難易度(偏差値)が高い大学の方が社会的な評価が高そうだから』という理由で大学を決めることはおすすめできません。あなた自身が何をしたくて、何に夢中になれるのか、そのためにはどの大学に行くべきかを考えて志望校を決めましょう。
難易度(偏差値)はあなたの目標や志望校を決めるうえで参考にすべきデータではありますが、あなたの目標や志望校を決めるためのデータではありません。難易度(偏差値)の高い低いはその大学の優劣ではありません。まして自分の夢や希望が実現できる大学かどうかを図る指数でもありません。
自分の学びたいこと、将来就きたい職業をしっかり決めたうえで、それが実現できそうな自分にぴったりの志望校を選ぶことが何より大切です。その志望校への入学を達成するための参考情報として、入試難易度一覧があります。
ベスト進学ネットでは河合塾と提携して入試難易度の情報を提供しています。入試難易度一覧を正しく活用して、しっかりと受験対策をしましょう。ベスト進学ネットは受験生のみなさんを応援しています!
適学診断
大学・短大トップに戻る
会社概要
[運営]日東システム開発
ベスト進学ネット