• ログイン
  • 新規登録
  • よくある質問
  • 友達にメールを送る

女子のための学校選び

学校探しをするのに、何を重視したらいいのかな? 結婚・出産・育児・介護など・・・女子のライフスタイルは大きく変化!


看護師

どんな仕事?

看護師は病院で入院中の患者さんのケアや、診察の補助などを行います。患者さんの毎日の体調チェックや、時にはご家族への対応も行う、病院の中で重要な役割の仕事です。看護師として働くには国家資格が必要になります。

女子が活躍できる理由!

女性の多い職場なので、子育てをしながら働いている先輩もたくさんいます。家庭や育児を両立させている人が多いので相談しやすいのが魅力です。託児所のある病院や時短勤務が可能な職場もありますので、小さな子どもがいても安心して働ける環境が整っています。

美容師・メイク・ネイル・エステ

どんな仕事?

美容師・メイク・ネイル・エステの仕事は、お客様の魅力を引き出し、よりキレイになるよう施術していきます。お客様の喜びや感動を直に感じられるやりがいのある仕事です。常に流行を捉え、美容テクニックとセンスを磨いていく必要があります。美容師として働くには国家資格が必要になります。

女子が活躍できる理由!

お客様の多くが女性なので、同じ女性としての立場から一人にひとりに合った施術ができたり、実体験を元にお手入れのアドバイスをすることができます。結婚や出産を経ても資格やスキルを活かして働くことができます。将来的には独立し、自分のサロンを持つことも目指せます。

保育士・幼稚園教諭

どんな仕事?

保育士は保育園で0歳〜小学校に入るまでの子どもを預かり、基本的な生活習慣が身に付けられるよう指導していきます。幼稚園教諭は、子どもの心身の成長のために幼稚園で教育を行います。それぞれ国家資格である「保育士資格」、「幼稚園教諭免許」が必要になります。

女子が活躍できる理由!

ピアノを弾いたり、お歌を歌ったりなど、女性が得意とする場面が多いのが特徴です。また、子どもの中には大人の男の人を怖がる子がいた場合に、男性保育士のサポートを頼まれることもあります。将来、結婚や出産で現場を離れることがあっても、保育士の求人はたくさんありますので復帰しやすいという特徴もあります。自分の子育ての経験を活かしていくこともできます。

歯科衛生士

どんな仕事?

歯科衛生士は歯科医院で診察の補助をしたり、専用の器具を使って患者さんの歯石除去などを行います。また、学校や介護施設などに行き、正しいブラッシングの指導をすることもあります。歯科衛生士として働くには国家資格が必要になります。

女子が活躍できる理由!

患者さんの口の中に手を入れるので、身だしなみの清潔さ・手先の器用さが求められます。資格は一生モノなので、結婚・出産で休んでいても現場復帰することができます。歯科医院は多くの場所にあるため、自宅から無理なく通える職場を探せます。歯科医院は女性が多い職場なので、女性に働きやすい環境が整っています。

医療秘書・医療事務

どんな仕事?

医療秘書・医療事務は病院で患者さんの受付をしたり、診察料の計算・会計を行います。診察後には、薬についての説明をすることもあります。一般事務とは異なり、医療や保険についての専門知識が必要になります。

女子が活躍できる理由!

体調を崩している患者さんが、病院で一番最初に接するのが医療事務・医療秘書です。長い待ち時間で疲れている患者さんの気持ちを察し、明るく丁寧な対応ができる女子に向いています。また、勤務時間を自分の都合に合わせやすいため、子育てと仕事を両立して働く人も多いです。

管理栄養士

どんな仕事?

管理栄養士は病院・学校給食の献立を考えたり、栄養の専門家として人々が健康な生活を送れるよう栄養指導を行います。その他にもスポーツ選手の食事管理や食品メーカーでのメニュー考案など、さまざまな場所で活躍しています。管理栄養士として働くには国家資格が必要になります。

女子が活躍できる理由!

病院、保育園、スポーツジムなど、さまざまな場所で仕事ができるため、自分が働きやすい職場を選ぶことができます。独立し、フリーの管理栄養士として栄養指導を行う方もいます。年齢に左右されないので、長く仕事を続けることができます。栄養管理や食育など自分の家庭や子育ての経験を仕事でも活かすことができます。

動物・ペット

どんな仕事?

動物・ペットの仕事には、トリマーやグルーマー、ブリーダー、ペットショップスタッフ、動物看護師、盲導犬の訓練士などさまざまな仕事があります。どの仕事においても、動物を好きだという気持ちが一番大切です。

女子が活躍できる理由!

ペットは今や家族同然です。大切な家族を預けるとき、女性相手だと安心されるお客様が多いようです。動物・ペットの体調の異変などを感じ取れる、細やかな気配りも大切です。女性ならではの優しい対応はペットにも飼い主にも喜ばれます。

アニメーター

どんな仕事?

アニメーターは、アニメ制作の中で原画・動画の作画を行います。作画力が必要なのはもちろん、キャラクターに表情、動きをつける演出の技術も求められます。アニメの絵コンテを元に原画を描き起こし、原画と原画の間を補間する絵を描いて動画が完成します。

女子が活躍できる理由!

アニメーターは、自宅でフリーで働いている人が多いのも特徴です。子育ての合間に作業を進めるなど、工夫次第で出産後も仕事を続けることができます。原画・動画で経験を積み、監督や演出部門へのステップアップを目指すこともできます。

IT・コンピューター

どんな仕事?

IT・コンピューターの仕事には、プログラマー、Webデザイナー、システムエンジニア、CADオペレーターなどさまざまな種類があります。世の中に新しいコンテンツや便利なインターネットサービスを送り出していく仕事です。

女子が活躍できる理由!

日ごろからスマホやパソコンを使うのが好き、デザインを考えるのが好きという女子に向いています。土日が休みとなる職場が多いため、子どもの学校行事などにも参加しやすいのがメリットです。経験を積んだ後、独立を目指すことも可能です。IT・コンピューターの世界では女性向けのシステムやサービスも多いため、女性ならでは感性はとても大切です。

理学療法士

どんな仕事?

理学療法士は、病気や事故で身体が不自由になってしまった人に対しリハビリを行います。病院やリハビリセンター、老人ホームなどで一人ひとりにあったサポートをしていきます。理学療法士として働くには国家資格が必要です。

女子が活躍できる理由!

理学療法士の資格は一生モノなので、出産後も復帰して仕事を続けている方が多いのが特徴です。また、育児を経験することで身に付いた女性ならではの優しさを、患者さんのリハビリに大きく活かすことができます。女性の理学療法士なら女性の患者さんも安心してリハビリに励めます。

建築士

どんな仕事?

建築士はお客様の要望を元に、建物の設計図を描き起こします。お客様の好みや建物の利用目的を考慮した上で、建築のプロとしての立場からアイディアを提案していきます。実際に建築現場へ行き、工事の監督をすることもあります。建築士として働くには国家資格が必要です。

女子が活躍できる理由!

昔は男性のイメージが強い職種でしたが、最近では女性建築士のニーズが増えてきています。例えば住宅の設計をする際、家事・育児をしている女子ならではの目線で、使い勝手の良いキッチンや洗面所などの提案をすることができます。女性向けのインテリアや外観を設計する際にも、女性ならでは感性が最大限に活かせます。

自動車整備士

どんな仕事?

自動車整備士は、整備工場やカーディーラー、ガソリンスタンドで自動車の整備やメンテナンスを行います。自動車整備士として働くには国家資格が必要です。お客様が安心して車に乗れるように、トラブルが起きないように丁寧に点検・整備をしていきます。

女子が活躍できる理由!

車の下に入ったり、油で汚れてしまうことなどから男性のイメージが強かい職種でしたが、最近はコンピューターを利用した整備もできるようになったため、女性整備士の数が増えてきています。整備内容をお客様に説明する必要もあるため、機械が苦手という女性のお客様も多いため、わかりやすく丁寧に説明できる女性整備士はとても喜ばれます。

鍼灸師

どんな仕事?

鍼灸師は「はり師」「きゅう師」両方の国家資格を持った人のことです。患者さんの身体に鍼(はり)・灸(きゅう)を使って刺激を与え、肩こりや腰痛などの治療を行います。独立し、自分の治療院を開業されている方も多くいます。

女子が活躍できる理由!

最近では美容分野での鍼灸に注目が集まっており、エステサロンなどでも女性鍼灸師が活躍しています。また、生理痛や冷え性など、女性特有の悩みを抱えてくる患者さんも多いため、相談のしやすさからも女性鍼灸師のニーズが高まっています。女性の患者さんも女性鍼灸師なら安心できます。

診療放射線技師

どんな仕事?

診療放射線技師は、レントゲン撮影をはじめとする放射線を使った検査・治療を行います。放射線を扱うため、国家資格が必要になります。医師が診断しやすいよう検査データをまとめたりなど、医療現場には欠かせない仕事です。

女子が活躍できる理由!

最近では乳がんの検査であるマンモグラフィーの需要が高まっており、患者さんが女性の技師を希望することが増えてきています。レントゲン検査などでも女性の患者さんには女性の技師の方が安心できます。検査で緊張している患者さんを、優しい笑顔でリラックスさせることも大切な役割です。

作業療法士

どんな仕事?

作業療法士は、身体が不自由な人に対し日常生活で必要な動きができるようにリハビリを行います。患者さんが1日でも早く普段通りの生活に戻れるようにサポートしていきます。作業療法士として働くには国家資格が必要になります。

女子が活躍できる理由!

リハビリには多くの「日常の動き」を取り入れますが、その中には料理や洗濯、掃除などの家事動作の訓練もあります。家事をするとき、体に負担のかかる場所をよく理解している女性だからこそ、患者さんも安心してリハビリを行えます。手芸や折り紙など細かい作業のリハビリも行うため、作業療法士は細やかな気配りのできる女性に向いています。

歯科技工士

どんな仕事?

歯科技工士は病院や技工所で、入れ歯や歯の詰め物、歯の矯正器具などを手作業で制作していきます。歯科医師の指示通りに、スピーディに正確なものを作る技術が求められます。歯科技工士として働くには国家資格が必要になります。

女子が活躍できる理由!

患者さん一人ひとりの歯に合ったものをオーダーメイドしていくため、細かい作業を得意とする器用な女性にぴったりです。高齢化社会の中、歯科技工士のニーズは高まっており、資格を取得しておけば結婚・出産後も復帰して仕事を続けることができます。最近はコンピューターで作業することも増えてきたので、女性でも働きやすい職場が増えています。



会社概要
[運営]日東システム開発
ベスト進学ネット