• ログイン
  • 新規登録
  • よくある質問

新潟進学応援特集〜地元の進学に悩むあなたへ〜

地元の学校に進学するか、都内の学校に進学するのか、
または地元で就職しようかお悩みではありませんか?
新潟の会社に就職したいけど、とりあえず東京の学校にいっておこうかな…お金が無いから進学できない…
と思っているあなたに
新潟の学校に進学することのメリット、
新潟の学校に進学する際に受けられる奨学金

などの情報を紹介します!

新潟県の高校卒業後の進路

高校卒業後の進路 文部科学省による平成29年度の学校基本調査では、新潟県の高校卒業後の進路は、大学進学、専門学校進学、就職の順に多いです。全国のデータでは就職の割合の方が専門学校よりも高いのですが、新潟県は専門学校進学が就職を上回っており、大学進学が占める割合も若干低めです。過去6年間のデータを比較してみても、新潟県は例年、専門学校進学が全体を占める割合が他県よりも高い傾向にあります。(参考:文部科学省調べ 学校基本調査-状況別卒業者)

その背景には、新潟県内の専門学校が充実していることが要因としてあるようです。
平成29年度の学校基本調査のデータを基にベスト進学ネットが独自に調査したところ、新潟県は他県と比較し、県内の高校生人口に対して専門学校の数が多いことが分かっています。(参考:文部科学省調べ 平成29年度学校基本調査 231-都道府県別生徒数、223-都道府県別学校数)
さらに、新潟県内の専門学校は様々な分野がそろっています。県外の学校に行かなくても、県内には魅力的な学校が多くありますので、ぜひ興味のある学校を見つけて足を運んでみてください。

新潟県の学校に進学しませんか?

地元の学校と地元の企業 「都会の暮らしにあこがれて」「親元を離れたい」などの理由から、県外の学校に進学する高校生は少なくありません。しかし、卒業後地元に就職したいと考える方は、地元の学校に進学することをお勧めします。なぜなら、地元の学校は地元の企業とのつながりを大切にしているところが多く、新潟の学校と新潟の企業は厚い信頼関係が築かれているためです。実際に、企業も「ここの学生なら」と雇用するので、地元の学校出身の先輩社員が多数在籍している企業も多く存在します。

また、年々高校卒業後の就職率が高くなってきています。売り手市場と言われている現状を反映している結果ともいえますが、高校を卒業してすぐに就職することで、天職と出会う機会を損失している可能性があります。 高卒で就職した場合と、大学や専門学校を卒業して就職した場合では、選べる企業の選択肢は大きく異なります。高度な技術や専門知識を身につけることによって将来の可能性がひらけます。その先には、あなたにぴったりな仕事が待っていることでしょう。自分自身の将来を見すえて、「新潟の大学や専門学校に進学」してみてはいかがでしょうか。

地元進学のメリット

1.親元から通える。2.下宿代が不要 3.地元就職に強い 4.地元独自の奨学金が受けられる
※1 通学の交通費が抑えられます。都内での通勤ラッシュに巻き込まれる心配もありません。
※2 実家暮らしであれば、家賃・光熱費・通信費の心配がいりません。
※3 地元企業とのパイプがある学校が多いです。

地元進学で利用できる支援制度



新潟県在住の方のための奨学金

進路選択の際、経済的理由で希望の進路をあきらめようとしていませんか?そんな時、進学を経済面でサポートしてくれる心強い味方が奨学金です。奨学金制度とは、市区町村や大学、団体から修学資金の給付や貸与を受けられる制度のことを言います。様々な種類があるので自分に合った形の奨学金を探してみましょう。

市区町村が行っている奨学金については、お住いの自治体のHPをご確認ください。
以下、実施している市区町村の一部をご紹介します。
こちらから大学や市区町村が行う奨学金を県ごとに検索できます。
新潟県が行っている奨学金はこちら

介護福祉士等修学資金貸付制度

介護分野への就職を目指しているものの、修学資金が確保できない方を対象としている制度です。厚生労働省が国の政策として実施しています。
介護福祉士養成施設への入学時に入学準備金20万円、卒業時に就職準備金20万円、在学中には就学金を月額5万円を上限に貸与を受けることができます。いずれも無利子ですので、利用しやすい制度です。
ポイント
新潟県内で介護・福祉の仕事に5年間継続して従事すると、返済が全額免除されます!

ひとり親家庭の方が利用できる制度

新潟県には、ひとり親家庭の方が、経済的支援を受けられる制度があります。「ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付制度」「母子・父子・寡婦福祉資金貸付金」等が大学や専門学校に進学する際に利用できます。制度により、条件や窓口が異なる場合がありますので、よく確認しましょう。
ポイント
「ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付制度」では、新潟県内に就職し、取得した資格に関係する仕事に5年間従事すると返還免除されます。(同制度の対象は「高等職業訓練促進給付金」を受給している方に限ります)

教育支援資金

高校や高等専門学校、大学・短大や専修学校(専門学校)に通うために資金貸付を受けられる制度です。所得が一定額以下の方で、ほかの貸付制度を利用することができない方が対象となっています。ひとりの親家庭の場合はBで紹介した「母子・父子・寡婦福祉資金貸付金制度」が優先されます。

詳しくは、新潟県の公式HPの奨学金ガイド「2.融資制度」の項目をご覧ください。

学校の種類を選択
該当する検索結果が見つかりませんでした
該当する学校は見つかりませんでした。
条件を変えて検索してみてね!
会社概要
関連サイト
看護師になろう
ベスト進学ネット